忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(848) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(91) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(5) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(26) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(97) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(13) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(11) * 近隣トラブル(12) * 母(75) * 家計簿(7)
  カレンダー
05 2017/06 07
2 3
4 6 7 9 10
11 12 14 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
2007/05/19 (Sat)
前置き:
ただ今、私は研修中で不在なはずなのだが
週末なので自宅に一時帰宅。
その話はまた後日ということで。

さて、フクの最近の食事事情は
「食べ飽きるネコ」
をまずは参照に。

そのフクだが、新しいドライフードを買ってきても食べなかった。
とはいえ、まったく食べないというわけでもなく
少しかじってはプイと顔をそむけたり
口元に1粒ずつもっていくと食べたりしてるから
食欲がなくて食べられないというわけでもなく。
しかも、元気はありあまっていて
かみつくわ、とびつくわ、走り回っているから病気らしくもなく。
そんなわけで、やっぱ「もっといいもん食わせろ」的なものかなあと思ったりもして。

それはそれで放っておけばいいとか思ったのだが、
困ったのは私が不在の時には面倒をかけられないし
(研修中とか家族に面倒をまかせないといけなんで)
食べない分ウンチも少ないので、それも気になって。
なんでかなあ?とペットサイトの相談コーナーにて相談もしてみた。
したらば、ネコの嗜好に振り回される飼い主も多いらしいことと、やはりネコはウエットフードを好むが、ドライフードを与えた方がよいとのことだったので、(生後1年以上たつと、昔ほど食べないらしいし)
ちょっと安心して放っておくことにした。
幸い、研修前にはあきらめたのか
以前より食べ残しが少なくなったみたいなので
あとを家族に託して私は旅立った。

で、昨日家に戻ってきたのだが。
世話をまかせた父いはく「エサ全部くうぞ」
「へえ、それはよかった」
しかし、夜のエサをやったら、やっぱ食べ残していた。
まあ、ネコは食べ残すもんだけど、もう放っていこう。

私は研修中フクの顔を思い出して笑ってたこともあったけど(あやしい奴)しかし、数日私がいなくてもフクは平気だったらしい。
いいけどね・・・(-_-;)

ちなみに、ネコの世話をメモにして父に渡しておいたのだが。
以下、そのメモの内容。

『研修中、ネコの世話をお願いします。

1)朝夕のエサと水の補充
2)1日1回、トイレの始末
・ネコトイレを見て、1日1つ以上のウンチと団子状に固まった尿を黒スコップで取り出し、バケツへ捨ててください。
(黒スコップであさるとわかります)
・砂が少ない場合、補充して下さい。
・トイレにフンがたまると、あちこちの床でしてしまうので注意してください。
3)1日1回は戸を開けてやってください。(最低でも30分~1時間)もしくはかまってあげてください。(ストレスがたまります)
・かまってやらないと、あちこちにウンチをすることがあります。
(もしくは脱走)』

父に「ウンチ分かった?」と尋ねると
「わかったわかった、こ~んな大きなウンコがいっぱいあったぞ」
「それって尿のほうじゃないの?」
「それもあるけど、ウンコも多かったぞ」
「そ、そう。それはよかった」
それだけ、食べてるってことだもんね。
あと数日だけど、頼むよ。

拍手

PR
2007/04/30 (Mon)
なんかこのタイトルは誤解を招きそうだな。
ネコを食べ飽きる・・・のはちと怖いが
ネコが食べ飽きるのだ。

最近フクがまたドライフードを食べなくなっている。
以前もそういうことがあったので
別のフードに変えたら食べ始めた。
で、しばらく今のドライフードを続けていたら
また飽きたらしい。
たまに缶詰をまぜてやると食べるようだ。
とはいえ、毎回はめんどうくさいし、ぜいたくにさせてもいけない。
うちは昔の某CMのように、ワイングラスに缶詰をあけてネコに食べさせるようなリッチな家庭ではないのだ。

ちなみに以前飼っていた愛猫は一度気に入ったら
そのドライフードだけを好んで食べていたな。
途中で老衰で歯がなくなっても
缶詰を与えても
なぜかそっちのほうがよかったみたいで。
死ぬまでずっと食べてたよ。
今思うとなんてラクだったんだろう(ホロリ)

それに比べてフクときたら
野良っちのぶんざいで(以前のネコはもらってきた)
食べ飽きるとは何事?
ぜいたくもいいかげんにしろ、と食べるまで放っておくこともある。
まあ、食べるものがなけりゃ食べるしな。

缶詰もあげるけどねえ
なにせ「缶詰をあける」という動作がなかなか・・・(オイ)
というか、今はツナ缶でもフルーツ缶でも
プルトップでパカッと開られるので、それに慣れちゃうとねえ。
ネコ缶でもあると思うけど・・・あるのかな?
安いネコ缶だと、たいてい缶きりで開けないといけないタイプ。
ギーコギーコと缶きりで開ける作業は妙に懐かしい。
でもって、やっぱゆっくりした時間でないとできなくて
必然的に私のお休みの日になるかなあ。

たまに母がエサをやってくれるのだけど
(でも、トイレの始末は絶対しない)
やはり缶を開けるのはめんどうくさいらしい。
しかも、缶を開けるのに力がいるとかで
実際母は缶きりが下手だった。
なので、この間も中途半端に缶が開いてて。
母いはく「缶をあけておいたら、エサをやったるで」だってさ。

それにしても、また違うフードを買ってこないといけないかなあ。
(全く金のかかる奴だ)

拍手

2007/04/29 (Sun)
さすがに連休で、しかもいい天気といえば
お出かけ・・・じゃなくてネコの世話(苦笑)
転勤騒ぎで、ババっちくてもほったらかしのネコ部屋を
久しぶりに掃除した。
(私以外にするものはいない)

ホント言うと、
またフクが超臭くなってきたので
ネコの体も洗いたかったんだけど
ベタベタになるので、部屋の掃除を優先した。
時間があればG.Wの後半に実行したいと思う。

さて、転勤のおかげでいろいろと忙しくなってしまったんだけど
その中にやはりゴミの始末というのがある。
不要な資料の処分とか。
そのままゴミ箱に入れられないものはシュレッダー。
しかし、我が家のシュレッダーは可愛いものだ。

まず、そんな会社みたいな電動ではない。手動だ。
レバーをくるくる回す奴ね。
でも、今みたいに手ごろな価格でホームセンターの事務用品のあちこちに置いてある時期に買ったものじゃなかったので
プラスティックな箱型ではなくて、持ち運び可能な奴で、
つまりゴミ箱の上においてショリショリする奴なのだった。
イメージ的には、小さくて簡単な鉛筆削りみたいな感覚?

なので、一度に2枚ぐらいの厚さしか切れないからあまり役にたたないのだが、まあ存在するので活用しているわけだ。
(しかも、電動ほど細かく切れないし・・・まるでうどんのよう)

そこで、スキンシップをかねて(?)
ネコのいるテラスに持ち込んでダンボール箱の上でショリショリしているのだが、おかしいのはフクだ。
ただでさえ、ネコは箱が好きなのに
さらにその箱の中にモジャモジャした紙くずがあったら
そりゃあもう、いいベッドになるはずで。
まるでハムスターのように喜んで入る始末。
おかげで、フラフワしたゴミがぺっちゃんこ。
それでもかまわず、フクはゴミに埋もれながら
ダンボール箱の中で丸くなっているので
そのサマが、まるで贈答用の果物みたいで笑えてきた。

よくあるじゃない?
果物が痛まないようにワシャワシャした縮れたビニールとか入ってるカゴ盛とか。そーいう感じ。
めちゃおかしいよv

(なんか今回の投稿は擬音が多いなあ・・・)

拍手

2007/04/21 (Sat)
な~んか毎日頭に詰め込むことがあって朦朧としている。
そんなわけで、最近めったにやらないゲームを再開したりして
気分転換&現実逃避に走っている毎日だ。

なので、もう2週間前のことなんて忘れているかも。

(以下、回想)
たしか、前日も仕事のことでバタバタしてたと思う。
で、明日はお休みだから久しぶりにゆっくり寝ようと思っていたんだな。
ところが~
朝、下の階から母の声が。
「お~い、ネコが外を走りまわっとるぞ~」

なんなんだよ、そりゃ。
と思わないでもなかったがとにかく私は眠い。
その眠いのを起こされた私はひどく不機嫌だ。

そーか、そーか、フクが外へ出てったのか。
しかし、なんで出てったんだろう?
事の顛末がわからない。
出ていったのなら仕方がないよなあ・・・

などとふとんの中で思いながらうつらうつらだ。

外で「にゃ~」というフクの声がして。
なんだ、いるじゃん。
と、パジャマのまま外へ出てフクの名を呼んでみるが見当たらない。

たしかに声がしたんだけどなあ・・・

しかし、どうしようもないので、また部屋へ戻って横になった。
とにかく眠いんだよ。

しかし、気にならないとえいばウソで。

戻ってくるかなあ・・・
なんか戻ってこない気がするなあ・・・
呼んでも来る奴じゃないしなあ・・・

もし戻ってきてもノミを体につけてたらイヤだなあ・・・

戻ってこなかったら、たくさん買い込んだネコ砂をどうしよう・・・
困ったなあ・・・

はあ、短い付き合いだったなあ・・・

とかなんとか、思いながら横になってた気がする。

で、しばらくして。
起き出して、下の階に下りてネコ部屋のあるテラスに出ると
「にゃ~ん♪」
と、フクが足元に擦り寄っているではないか。

はあ!?
ここにいるじゃんか。どういうこと!?

後で家族に問うと、父が家の裏側でなんとか捕まえてきたという。
よくもまあ、年寄りに捕まえられたなあと思うが、
やはりフクは(保護された後は)外へ出たことがほとんどないので
たぶん鈍かったのだろう(←憶測)

母は母で
「ネコみたいなもの、どうでもええけど、後でお前がうるさいでなあ」
だってさ。
どううるさいんじゃ。

まあ、とにかくフクはあっさり捕獲されたようだ。
遠くへ行ってなくてよかった。
フクは外に出てないから、縄張りも知らないもんね。
よそ者とか言われていじめられたりしてないかなあとか
ケンカなれしてないのがちょっと心配だったんだけど。

体をあちこち点検したけど、ちょっと見ではノミもついてなかったし。
ひとまず安心したのだが。
問題は「どうやってテラスから脱走したのか」である。

このブログを昔から読み返してもらうとわかるのだが、
フクはこれまでテラスのしきり(壁)は幾度となく越えて
父と攻防合戦をしてきたのだが、
テラス自体から脱走したことは今まで一度もなかったのでびっくりだ。

屋根の網の間から身を乗り出して出そうになったことはあるけれど
それはあくまでも私たちが外にいるときに限られる。
そんな夜のうちか、朝に1人で(1匹で)出ようと思った動機はなんなのか。
聞いても答えるはずもないが、可愛いメスネコでもいたのだろうか。
(ちなみにフクは去勢している)

母の証言では、夜か今朝方が不明だが、外のトイレに出て行ったところフクが外をうろうろと歩いていたという。
(うちはテラスから入るトイレと、外から入るトイレと2つあるのだ)
で、その場でネコを捕まえて、ネコ部屋に放り込んで戸も閉めたらしい。
ところが再び外に出ていたのを発見。
どこから出て行ったのか謎なのだが、おそらくテラスの屋根付近のスキマではなかろうか、ってことで、その日の日中またまた父はテラスの壁を補強した(苦笑)
なんだか、テラスばかり強固になって、夏は暑そうだし、地震があっても丈夫そうだ。

しかし、当のフクは脱走したことなんか
ち~っとも覚えてないみたいに
いつもどおりに私に噛み付いている(ため息)



拍手

2007/04/07 (Sat)
前置きとして、ただ今の私の近況:

この1週間は転勤のおかげで、やめる側と行く側への準備でてんてこ舞い。さらに新しい職場へと環境が変わり、緊張とこの先の不安でいっぱいになり情緒不安定で体調も崩れ、食欲もあまりなく、ストレスがたまって泣き喚き、一方眠くてたまらない日を過ごしていた。
なんとか1週間終わったが、それはあまり変わらない。
詳しくはまた後日語りたいとは思うが、
そんな私をフクはわかるはずはない。
さあ、明日はようやくのお休み。
ゆっくり眠れるぞう~と思ったのに、
朝から家族はフクのおかげで大騒動(?)
これまた次回書こうと思う。
(つーか、今は自分のことはあまり書きたくない気分なんだよね。
だって、情緒不安定だし)

この間、フクをワクチン接種のために獣医さんへ連れて行ったことを書いた。
その時かなり苦労をしたのだ。
というのも、ネコを運ぶキャリーバッグがうちにはないからだ。

以前飼っていたネコを獣医に連れて行った時
何を使っていたかというと物を入れるバスケットだ。
ふたの両側が開いて、手提げのとってもある、結構重宝したものだ。
それが、愛猫の死によって用済みとなり
車用の物入れにしていたのだが
フクを保護してからまた活用できるかと思ったが
放置してあったために取っ手の部分がはずれ、フタの止め具も壊れかけていた。
(ちなみにフクを保護した時は、死にかけていて動けなかったのでダンボール箱で獣医さんに連れて行ってもOKだった)

なので、新しいキャリーバッグが欲しいとは思っていたが
1年たっても手に入れることはできなかった。
(後で述べるがいろいろこだわりがあるのだ)

しかし、今回連れて行くにあたって困ったのだが
家族が「ダンボール箱にいれてヒモでくくっていけば?」とか言うんで
なんとかそうしようと試みたのだが。
1年前の野垂れ死に寸前と子猫とは違って
大きくなったフクは元気一杯だ。
ダンボール箱に素直に入ることもしないし、
ヒモでくくろうとしても暴れてすきまから破って出てくる始末。
で、家の中で逃げたりして閉じ込めたり。
その上、私1人しかいない状態だったから、もう汗だくで。

途方にくれたんだけど、なんとか獣医さんまで運ばなきゃいけないし。
仕方がないので古いバスケットを使うことにした。
中途半端に壊れた取っ手は取って、ふたの止め具も金槌で叩いて無理やり修理して、そこへフクをほうりこんで、なんとか車に乗せたのだった。
もう、連れて行くだけで体力を消耗した感じ。
このことがあって、やっぱりキャリーバッグは必要だと切実に思った。

が、私はケチだった。(節約家ともいう)
というか、ネコを運ぶのにそんな何千円もかけられるか!
と思っていた。
とにかく安いものがいいに決まってる。
そう、せめて2000円ぐらい?

そんなわけで、探すことにした。
ホントいうと、1年前に某薬局でポイントを集めるとプレゼントがもらえるというカタログにネコのキャリーバッグが載っていたので、「よし、ポイントがたまったらこれをもらおうかなあ」と内心思っていたのだが、残念ながらポイントもそれほどたまらなかったが、いつのまにかカタログからその商品が消えていた(ガックリ)

で、今回まずはネットで探してみたが。
「キャリーバッグ」では旅行用のかばんと間違える。
ペット用品では、た、高すぎる・・・(汗)
8000円!?ふざけんじゃねえ!
しかも送料別だとう~
ダメだ。ネットでは安くても3000円から2500円。
でもって送料と代引き手数料とかかかると、それ以上だ。
はあ・・・じゃあ、ホームセンターの店頭ならいいのかな~
と思いつつ、見に行ったけど、安くない。
そりゃ送料分は安くなるけどさ~
デザインが気に入らないんだよね。

私は別にペット用じゃなくてもいいと思っていた。
そんなじゅうたんみたいな布がついてなくても
小物入れがなくてもいいんだよ。
用はネコの出し入れが簡単で、車で運べれば。
あ、布製のキャリーバッグはイヤだけど。
ってなことで、やっぱ昔使っていたバスケットが一番ラクなのだ。

ところが、そのバスケットが今はないんだなあ。
バスケットで検索すると、なんかカントリー風のものとか
藤で作った奴とか、いやさすがにそこにはネコは入れられんだろう。
(ふた付もあまりないし、やっぱ高い)
なんでだ、昔はよくあったじゃないか。
ホームセンターにピクニック用のバスケットがおいてあったような?

しかし、今のホームセンターにはない。
なぜかと考えてみたら
たぶん、クーラーボックスなるものができたからじゃないかなあ。
昔はそんなものがなかったから
外で食べる時も、凍らせてタオルを巻いたり水筒とかを冷やしてたけど
今はクーラーボックスにみんな入れるから
あまりバスケットを使わなくなったのかも~と分析してみた。
(違ってたらごめん)
そんなわけで、なかなか買う機会がなかったのだ。

ところが、それから数週間後
少し離れた別のホームセンターにいったらば
バスケットがあったのだ!
といっても、やっぱ昔使っていたものとは違うんだけど
とりあえず、プラスチック製の両方から開くふたがついてる、取っ手付のかご。
でもって、値段が1500円。
少なくともペット用品よりは安い。
少しふたの開け閉めの感触が気になったが
それでもネコを運ぶのには問題なさそうだし。

多少迷ったが、とにかく買ってみた。
よし、これでネコを運べるぞ~
って、何もなければ1年に1回しか使わないだろうけど。
でも、災害が起こったときも必要だモンね。
とにかく、ちょっとすっきりした。

拍手

2007/04/01 (Sun)
前置き:
~ただ今、私は引き続き転勤の余波で多忙中~
しかしながら、頭が朦朧としてきたので気分転換に書いている。
しかも、ネタがたまってしまうので。

・・・ってことで、前回の続き。
暖かくなって久しぶりにフクを洗ったわけだが
それも獣医さんからのハガキでワクチン接種を受けようとしたのだが
あまりの臭さに連れて行く前に洗おうと思ったわけだ。
と、ここまでが前回の概要。
つーか、もはや1ヶ月前のことなんだけどね(苦笑)

その同じ日の午後、多少生乾きかなあという感じだったが
獣医さんに連れて行くことにした。
私もヒマではない。
行ける時にいかねば、たぶん無理。
しかも、(その時は3月のはじめ)4月になったら犬の狂犬病のワクチン接種だとかで、獣医さんが混みあうらしかったので、急がねば・・・と思ったのも確かだ。

しかし・・・フクを洗うのも私1人だが
フクを病院に連れて行くのももちろん私1人だ。
が、ふだんならそれほど苦労はしなかったが
その日はキャリーバッグがわりのバスケットが不具合だったので
かなり苦労をさせられた。
その話はまた次回に書こうと思う。
(話が脱線するし長く書けないからさ)

とにかくなんとか車に乗せてフクを病院に連れて行ったわけさ。
フクはあいかわらず車の中ではナーオナーオとうるさかったが
病院の中では借りてきたネコのようにおとなしかった(笑)
しかも、呼ばれて診察室に入りバスケットからフクを出そうとしたら
なんかフクの下半身?がぬれていて・・・
「あれ?生乾きのままだったかな?」と首をかしげてたんだけど
看護師さん(っていうのかな?)が
「しっぽまでぐっしょりですよ。おもらししたかな?」
と言いながらふいていただいてたんでギョッ!!
たしかに以前飼ってたネコも緊張のあまりちょびっと「そそう」をしてしまったことはあるけれど、ベタベタにぬれていたことはなかったし。
バスケットに入れたときも暴れてたけど
そんなにベタベタぬれていた感じはしなかったんだけどなあ。
洗った名残なのか、おもらしなのか定かではなかったが
あまり臭くなかったことだけが救いだった。
しかし、おもらしだったら、すげ~はずかしい(-_-;)
看護師さんにせっせとお尻をふいてもらう姿はちょっと情けなかった。
しかも、その間にピュッと肛門腺から分泌液を出しちゃうし。
ああ、看護師さんに申し訳ないやら、はずかしいやら。
1年ぶりの獣医さんに緊張したのかなあ・・・

とりあえず、ワクチン打ってもらって
獣医さんに診てもらってなんとか終了。
「どこも悪くはないですか?」と聞かれ
「そうですね。くっさいだけです」と答えてた私。
そう、臭くなければねえ・・・

ってことで、今年のワクチンはOKという話。

拍手

2007/03/25 (Sun)
・・・というタイトルですが、
別に本日ネコを洗ったわけではありません。
というか、私は想定外の転勤が決まってそれどころじゃ~ありません。
(それはまた落ち着いたら別の機会に書きます(-_-;))

ネコを洗ったのは、かれこれ3週間前ですか。
冬の間臭くて仕方がなかったけど、寒いから洗えなくて
暖かくなった昨今ようやく着手したわけです。

しかし、何度洗っても慣れませんねえ。
噛み付きはしないけど、逃げる逃げる。
でも、私1人しか世話をしてないから
片手で逃げないようにつかまえて片手でごしごし洗ってる感じ。
なので、服はべちゃべちゃに濡れまくっている。
以前はたしかレインコートとか着てた気がするけど
もはやそんな面倒なことはせず。

ちなみになんで、その日にフクを洗おうかと思ったかというと
獣医さんからのハガキが届いたからだ。
ワクチンのお知らせという奴。
別にワクチンなんか打たなくてもいい気がするけど
(実際前のネコは何もしてない)
まあ、悪くなってからお金がかかるより予防だよな、
と今回も接種することにしたのだ。

しかし、こんな臭くては獣医さんに診せられないではないか。
病院に連れて行く前に1度は洗わないと・・・と思ったわけだ。

で、午前中洗って、ちょっと半渇きかなあという感じだったけど
午後から獣医さんに連れて行ったのさ。
獣医さんでの話はまた今度。
(現在多忙なんだけど、気分転換に書いてみた。
もう頭がウニだ~!!

あ~、あれからフクはまた干してあった洗濯物の靴下をとって
足先の部分に穴を開けた。(もちろん捨てた)
今日もかまってやらないので
またまた、干してあった靴下をとって、今度は噛み切ってしまった。
もちろん、これも捨てねばなるまい。
なんで、かじるかなあ・・・(泣)

ちなみにこの間の休みは昼間に結構遊んでやったので
夜はおとなしく寝てたみたい(笑)
やれやれ、ネコの相手をするのも疲れるわ。

拍手

2007/02/19 (Mon)
最近ネコのさかりの時期なのか、

のあぉん、のあぉん・・・

という、なんとも言えない声が家の周りで聞こえてくるようになった。

そのため、フクも何かと気になるらしい。

一緒にいても、声が聞こえてくると
慌てて、トイレの天井へかけのぼり外を見ている。

たぶん、去勢してなかったら、壁を破っていただろう。

そう、去勢しているからこれだけですむのだ。

とはいえ、うちは昔飼ってたネコ(ミーコ)はメスでしかも避妊すみ。
オスネコは初めてなので、よく分からない。

そのミーコのときも、やはり外で鳴いているネコが近づくと
部屋のどこにいても走ってきて窓の外をじっと見ていた。
それを見ていた私は、
うちの娘にちょっかいかけるなよ、
と、どこかのオヤジみたいなことを思っていたけれど。

フクでもそれは同じだった。
鳴き声に反応して、飛び出してゆくフクを見るにつけても
出て行ってしまうんじゃないかって
ちょっと不安になってしまったり・・・

うちのフクにちょっかいかけないでよね、とか思ったり(苦笑)

でも、昨年はまだそういうことは思わなかったのは
やはりフクがまだ小さかったせいだね。
(たしか6ヶ月めぐらいだっけ)
そういう意味では大きくなったなあ、フク。

拍手

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *