忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(851) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(91) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(5) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(97) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(13) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(11) * 近隣トラブル(19) * 母(75) * 家計簿(7)
  カレンダー
06 2017/07 08
1
3 5 7 8
9 10 11 12 15
16 19 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  最近の記事
(07/22)
(07/22)
(07/21)
(07/18)
(07/17)
(07/14)
(07/13)
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[785] [784] [783] [782] [780] [779] [777] [776] [775] [774] [773]
2013/01/18 (Fri)
13日にお寺にお金とお米を持っていった件

それは8日のこと、お米の準備をしようとして
母のいう秤を確認しに、倉庫にいったところ、秤は簡単に見つかった。
それはいいのだが、問題は使い方がわからないと言うことだった。
それは昔稲作をしていた時に、袋にお米を詰める際に使った
重りをぶら下げて使う秤(大きな体重計みたいな奴)なのだが、
私はもちろんのこと、、困ったことに、母も計り方を知らないと言うのだ。
何十年も父と米を作っていたのに。
そう言うと、母がまたキレそうになり、またわけのわからんことを言ってきて攻撃してきたのでしばらく距離を置くことにした。

そんなわけで、せっかくある秤も役に立たず(もったいないので、また後で調べよう)
とにかく今週じゅうに準備しないといけないから、とりあえず、枡でなんとかなればいいがと考えていたところ、母が古い五合枡なら見付かったというので、とりあえず今回はそれで計ることにした。
10合=1升 なので、5升なら50合。5合枡なら10回分か。

ちなみに、後で通販で枡を検索してみたら、1升枡が売っていたので、それがあるといいかも、と思った。

そして、10日の日。そろそろお米を入れないと・・・と思っていたら、例の5升枡が見当たらず。探しがてらに再び倉庫に入ったら、すでにお米の入った袋が秤の上に置かれていたので、「ああ、母がもう入れたんだな」と思い、安心した。

ところが、当日(私は午前中、時間まで庭の草取りをしていたのだが)
いつでも行けるように、お米の袋を台車に乗せて準備をしていたのに。
身内を運転手にカラオケ教室から戻った母はいきなり
「ちゃんと米が5升入ってるか、わからん」とか言いだして。(ため息)
私はもう今更バタバタするのもイヤだったしめんどくさかったので、
「不足したらまた持っていけばいいことだから」と流したのだが
母は心配して身内に秤で計ってもらおうとしたが
当然ながら、携わっていない身内がその秤の使い方を知るはずもない。
結局、米袋が台車に戻された。
そうして、母たちが家の中に入ってから、時間前に
私はこっそり古い体重計で計ってみたら少なくとも約8キロほどあるようなので
そのまま持っていった。
(古い体重計が、倉庫に残してあって、一度捨てようかと思ったんだけど
精米の時に10キロ計るのに利用できるなと思って残しておいたもの。
ただし、古いために表示も見にくいし、メモリを差す針もぶれて正確性はないと思うので
あくまでも大体の目安として使う)

で、13時に台車を押してお寺に持っていったのだけど。
一見、人気がなく、本堂も扉が閉まっていた。
ただ、靴は本堂の入り口に2足あったので、そちら持っていくのかと思っていたら
同時刻に来たお米を抱えたおばさんがいたので、ついて行ったら
「いつもこっちだけど」と、お寺の自宅の玄関へ入っていった。
なるほど、こっちだっのか。

誰もいないと思っていたのに、玄関を入ると
途端にストーブの熱気に包まれた。
中には4名ほどいて、お金を集金する名簿をチェックをしている人と
お米を受け取って計る人がいた。
(後で母に言ったら、担当は2軒なので、新旧の4人ではないかとのこと)
お米は、お店の計り売りみたいな大きな量りの上に乗せてチェックしているようだ。
(うちも、あんな量りがあってもいいかも。結局枡だと容量で、米粒の隙間によって誤差があるし、重さのほうが正確だもんね)
もっと正確に量るのかと思っていたけど、案外簡単だったので拍子抜け。
しかも、お米を入れてきた袋も返してもらったから
なんだ~、じゃあ、どんな袋でもよかったんだ~と知った。
(もちろん、母も初めて知った)

ちなみに、名簿にはまだ父の名前で載っていたらしく
母の名前を言ってもすぐにわかってもらえなかった。
また修正しておくっていわれたけど。
で、帰りがけに、父の1周忌のお知らせメモみたいな細い紙をもらった。

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *