忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(870) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(98) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(6) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(43) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
09 2017/10 11
5
8 11
15 16 17 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1] [2]
2015/07/31 (Fri)

読売新聞ニュースより抜粋

「 NTT東日本・西日本は31日、固定回線を使ったインターネットサービス「フレッツ・ADSL」について、光回線サービス「フレッツ光」を利用できない地域を除き、2016年6月末で新規申し込みの受け付けを終了すると発表した。

 これまでの契約者は引き続きサービスを利用できる。

 ADSL(非対称デジタル加入者線)関連品の製造が終わることに伴う措置。

 より高速な光回線が普及したことで、NTT東西のADSL利用者はピークの約568万件(05年度末)から約122万件(14年度末)まで減っていた。」

そうだよなあ・・・
でも高いの困る~

拍手

PR
2015/06/27 (Sat)
数日前に毎日新聞で、
中国残留孤児だった方が高齢になって、介護を受けている現在の状況を取材した記事を読んだ。(うろ覚えだけども)
しかし、彼らはほとんど日本語が話せないまま要介護者となった。
だから、日本の介護施設ではなかなか会話ができない。そして意思疎通もできないから、スタッフともなじめず楽しむことも出来ない。
取材は、そんな彼らのために施設を立ち上げた人(日系の人?)と、実際に施設へ通所している方をとりあげていたが、「一緒に通所している人の中に、中国語を話せる人がいるから通っているが、その人が来なくなったら自分も行かなくなるだろう」と言っていた。
ただでさえ帰国後も言葉の壁で引きこもりがちだったと聞くのに、要介護となっても受けられるべき介護サービスに響くとは。
つい中国残留孤児だった方の存在を忘れがちになってしまうけれども、同じ要介護者でもそういう問題もあるのだなと気づいた記事だった。

拍手

2011/07/18 (Mon)
なでしこジャパン、優勝おめでとう!!

試合は見ていなかったけど
今朝のTVで驚いた。

ニュースやワイドショーのプレイでは感動して泣けた。
本当にお疲れ様!

拍手

2011/06/10 (Fri)
さっき21:45ごろネットのニュースの見出しに驚いた。

声優の川上とも子さんの訃報だ。

9日の夕方に亡くなられたそうだが
思わず声をあげてしまったのも
この人ってまだ若くなかったっけ?と思ったからで。
記事を読んだら、やはり41歳とのこと。
早すぎる。

川上さんは特別好きとかこだわりはなかったけれど
少女革命ウテナとか
私にとっては乙女ゲームの「遙か」シリーズの主人公が印象に残っている。
といっても、ゲームでは声はないけれど
ドラマCDでおなじみで
川上さんの声は
元気で明るい少女の役がぴったりだった。

卵巣がんだったというけれど・・・
いつから闘病されていたのだろう

ご遺族の方にはお悔やみ申し上げます

拍手

2010/04/14 (Wed)

2010年4月9日の毎日新聞朝刊に
熊本市の慈恵病院のいわゆる赤ちゃんポストの現状の記事が書かれていて興味深く読んだ。

記事によると(以下、引用は『』内)

『開設し5月で3年。預けられた子は昨年9月まで51人に上る』とのこと。

気になった点1つが、預けた親の身元だ。
分布地図も掲載されていたが
それを見ると、身元不明が12人で
北海道・東北は無し。
四国一人で、近畿と中国が各4人
中部が6人で、関東が11人。
一番多いのが病院に近い九州の13人だが
『地元・熊本はゼロだった』という。

地元はゼロだが、他の地方からは多い。
ということは、 はるばる育てられない子供を預けにやってきているということか。
さすがに遠方の北海道や東北はないが、
比較的交通機関に恵まれたところは行きやすいのかもしれない。
しかし、 街である関東が多いのも気になる。
人口の差ともいえるかもしれないが、
思わず子供がさずかってしまうことも多いかもしれない。

と私が思うのも、身元がわかった親から調査した「ポストを使った理由」を読んだからだ。

あくまでもやむを得ない事情で育てられない赤ちゃんの命を救うために
病院が設置した「こうのとりのゆりかご」
それを利用しようとした動機の中にあったのは
『生活困窮が7件、不倫5件』
これはまだわかる、不倫もいいことはないが、ありえないことではない。

が、生活困窮よりも一番多かった理由がなんと

「戸籍に入れたくない」

だったのだ。

これって・・・戸籍からその子の存在を抹消したいということで
イヤな言い方をすれば、戸籍にキズをつけたくないということだろうか。

例えば、犯罪によって望まぬ妊娠をしてしまった事故もあるかもしれない。
それでなかったことにしたいと思うのは責められないことだとは思う。

しかし、もし自分のうっかりでできてしまった子供を
さらに戸籍に入れたくないというのはどうなのだろう?

まあ、正直なところ、(不倫でもなく)戸籍で前歴を気にするのは
これから結婚する時だろうか。もしくは厳格な家庭なのか。
とにかく世間体がまずいということで
たぶん・・・だけど、独身者が多いのだろうな。

一概には言えないけれど、
中絶できず、出産してしまったけれど育てられない。
戸籍から子の存在を隠して、なかったことにして、
自分は新たに出発しようと思うのだろうか。

病院は本来、養子縁組などをとおして、「命を守りたい」と思って始めたそうだが

養子縁組には親の同意が必要で、匿名預かりでは無理なことがわかってきたようだ。
しかも、『ポストに子を入れる行為には明確な基準がない』ことで
後でトラブルになる可能性もあるとされ、
今では「匿名不可」で
「子供を入れる前に相談してください」となっているそうな。
そんなわけで、養子縁組はいまだ1組しか成立していないらしい。

『現在も施設で暮らす子は31人。
12人は里親に育てられ、7人は親元に帰った』そうな。
まずは病院に相談して、なんとか一緒に暮らせるといいね。

拍手

2010/02/14 (Sun)


先日に引き続き、これもグチです。
 

っていうかさ~

仕事してくださいよって感じです。

元々今の新聞店には以前からいろいろあったんだけど

(過去の投稿を見るべし)

こないだもちょっと口があんぐりしてしまいました。

今うちはM新聞です。

でも、配達しているのはT新聞専売所さんです。

昔、昔、新聞を変えたいと思った時に

そこの販売店に「うちはT新聞なんだからね!」とキツク言われてしまってから

あまり御近づきになりたくないところなんですが

なので、M新聞の申し込みはネットからしたんですが

配達はなぜかそのT新聞専売所さんでした。

それはともかく、

そこのお店からたまに新聞代を自払いにして~とか
クレジットカードもOKですよ~とかいうチラシが入ってたので

時間はたったけど

ヒマを見て電話しましたよ。

「チラシを見て、自払いからカード払いにしたいんですが~」

そしたらお店の人は快く

「わかりました~。じゃあ、明日新聞と一緒に申し込み用紙をいれておきますね」

と言ったので、お願いしました。

んが、届いたものは・・・・

M新聞じゃなくて、T新聞のクレジットカードの申し込み用紙でした。

M新聞をとってるのに、なんでT新聞のクレジット払いをせにゃならんのだ。

で、それが配達されたM新聞にはさまってるんだよね。

わかってないよ~とガックリきたとともに

やっぱりか~と思いました。

で、もう気力がなくなりました。

ふざけるな・・・
 

拍手

2008/09/15 (Mon)

毎回気になっていたサンデー版

あれから新聞はちゃんと配達されるようになりました。
は~やれやれ、と思っていたら
なんといつのまにか配達人が変わっていたんですね~

とうとうあのおじいさんはやめてしまったのか。
てか、ザンデー版がなかったのはそもそも折り込んでなかったせいだから
配達人の人は関係なさそうだが。
とにかく、いつのまにか変わっていた。
眠れないまま朝を迎えたときに
ふとバイクの音がして、ポストがカタンと音がして。
あれ?バイクで配達するようになったのかな~って。

後で父に聞いたらやっぱりそうらしい。
父曰く
「もう、『新聞取りました』っていう表示はいらんぞ」
とのこと。
なるほど、そっか~

(これまでの話のわからない方は新聞カテゴリを見てくださいね~)

拍手

2008/08/30 (Sat)

近況の前置き:猛暑とお盆のおかげでまた日があいてしまいました。
あんなに雨が降らない日が1月ぐらい続いたのに
急に大雨が降るようになって気温がガクッと下がりました。
PC部屋にいるのもラクになったのですが
しばらく小説を読み漁ってました。現実逃避で。
違う世界に行きたくて(苦笑)
はあ・・・

ま、それはともかくネタがあるので以下ボチボチ書きます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数週間前・・・

イライラしてるっていうのに
またもやイラつくことが発生

またもや新聞のサンデー版が入ってな~い!!
(あれから何ヶ月もたってないのに。前回の投稿を参照してちょ
もしくは「新聞カテゴリ」を見るべし)

しかも、毎度のことながらなぜに他の新聞のサンデー版が入っているのか。
自分とこがそこの新聞の専売をしていないせいで
嫌がらせか?!と思うぐらいだ。

かくて、前回と同様
「また月曜日に持ってきて~」
って、留守電にいれといた。
「お願いします」ってしつこく言っておいた。

は~・・・
こうなると、もはやサンデー版ではなくてマンデー版(苦笑)

前回だって間違えても
ただポストに投函してあっただけだしさ~

あ~あ、新聞販売店変えてほしい・・・
新聞はいいけど、配達する店を変えたい・・・
こちらが選べないのが悲しい・・・
どこへ言ったら改善されるのだろう?


(暗転)

なんと、珍しいことに
当日に新聞を持ってきてもらったよ~
ってそれが当たり前なんだけど。
(前回は翌日だった)
しかも、電話をかけた新聞店さんから聞いたのか、配達の人が持ってきた。

でも、配達の人いはく
「何がなかったんですか?」と新聞の束一式持って。
「その真ん中にあるサンデー版ですが」というと
「あ~このまま店が持ってきたからなあ」
・・・で終わり。
え~と、つまり新聞店ではさみこむから配達の人はわからないってこと
・・・だよね?

つまりは、折込むところでミスってるわけ??
なんでもいいけど、また起こらないことを祈るばかり。

(暗転)

それから数日後
異例のあいさつ文が新聞店から配布された。

全文は略するが、気になったのは
1)「すべてのお客様へ」
え?じゃあ、うちだけじゃなかったのか?!(ホント?)
まあ、あんなことがしょっちゅう起きていたら苦情がいくのは当たり前。
まだ、うちなんか気が長いほうだと思うな。

2)「最近不配等でお客様にはご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません」
不配等の等ってなに??ほかにもあるの?

3)「私どもも心を痛めておりますが、何かよい方法はないかと思案しております」
「~略~・・・・もうしばらくお待ちください」
え~と、つまり新聞店さんも困ってて、模索中ってことだよね。
いや、困ってるのはお客だって・・・(笑)


・・・・・・・・・・

でも、これって原因とか
どうしてそういうことが起こるのか
結局何も書いてないんじゃあ・・・?
店で防止できないことなの?
人手不足とかだったらどこでも一緒だけどさ~
説明不足もなきにしもあらず。


まあ、今後の改善策と健闘を祈ることにしよう

・・・・・・・・・・・・・
と、書いたその翌日曜日。
サンデー版、入ってなかったです(ため息)
てか、他新聞のサンデー版は入ってたんですけどね。
そんなものもらってもな・・・

うう、これで連続3週なんですけど・・・・
ってことで、またもや新聞店に留守電。
「3回目なんですけど~」

したらば、数時間後
地図を片手に(配達の人じゃなく初めて)新聞店の人が持ってきてくれた。
一応タオルつき。
別に配達してくれたら文句ないんで
ろくにお詫びの言葉も聞かずに受け取ったんだけどね。

・・・・で、その次とその次の日曜はちゃんと配達された。
(って、それが当たり前だっつーの)

だけど、日曜が来るたびに
「ちゃんと今日は入ってるかな~」ってこちらがドキドキします。

拍手

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *