忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(900) * 生活&夢の話(136) * 健康・病気・病院・心(100) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(8) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(29) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(100) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(26) * 近隣トラブル(52) * 母(81) * 家計簿(8)
  カレンダー
06 2018/07 08
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
2018/06/19 (Tue)
昨日昼寝の時の夢
家の窓といっても現実の窓じゃない気がするが
空が映ってて
あれ、なんだろ?と飛行機雲みたいなのが見えて
そしたらどーん!と大きな音がして
台所のほうへ行ったら
ミサイルみたいな奴が屋根から突き破ってて
でも別に爆発とかしてなくて突き刺さったまま
どこへ連絡すれば・・・とか思ってる
一方、部屋の奥でなぜか外国人含むたくさんの人がいて
かなり大きな声で騒いでいるので
静かにして!とこちらも大声で言うがなかなか静かにならない

拍手

PR
2017/12/01 (Fri)
といっても、一部分だけだけど

1)湿地みたいなところに
ぶった切られた大蛇がたくさん、
それどころか蛇が泳いだりして、噛まれるかドキドキしつつ渡って行く

2)どこかの国の学園みたいな(ファンタジー?)
でも、服は現代
自分は父親が名のある教授っぽくて、そのツテで入ってるみたいな
建物の中で生活をするが、マナーやしきたりなどわからないことばかり
あ、でも、なんか物語の中の世界みたいで
犯人はこの人だ、みたいな感覚が(学園の中にある、とある料理店の店主)

3)同窓会みたいな感じ・高校の時っぽいけど、あまり記憶がない顔ばかり

拍手

2016/10/31 (Mon)
昨夜見た夢は病気の夢
片方お腹が膨れていて急遽病院へ!という恐ろしい夢
私の中の不安が見せたもの

拍手

2016/05/10 (Tue)
眠りが浅いとろくな夢しかみない
悪夢と呼ばれる中には怖い物があるが
それ以外にも、前職に関わるものがある
もう既にやめて何年かたつというのに
なぜ夢の中でまだ働かねばならないのか
しかも、決まって状況が悪い。
難しい処理
お客を待たせている
ペコペコ謝って、説明して・・・焦って・・・・
目が覚めた時にはどっと疲れている
なんでいつまでもこんな夢をみるのか
あ~やだやだ

拍手

2016/01/31 (Sun)
今朝がた見た夢は、いつもながらおかしかった。
なんか観光地みたいなところを、父と歩いているんだけど
目的の1つが、なぜか持っている外用のタバコの灰皿
その観光地に置いてあった物がなぜか手にあったらしい。
なので、それを元の場所に戻そうと歩いていたようだ。
しかし、父は「めんどくさいからここでもいいんじゃないか」というのだけど
私は「場所が決まってるんだから、そこまで行かなきゃ」と父をたしなめる
でも、父は突然手にもっていた灰皿をポーンを向こうに投げてしまった。
しかも、そこには保管の客がたくさんいて、誰かに当たったようだ。
ちょっとちょっといったい何を考えてるの!
焦りながら近づいて、当たってであろう被害者に会いに行く。
走って行きたいが、父の歩みが遅いのでそんなわけにはいかず
ようやくたどり着いて、私はペコペコ謝っているのだが、
当の被害者の男性はそれほど不快に思っていないようで、ホッとした。
しかし、どこかケガでもしていないか、後で病院に行ってわかったらと
弁償でもしないとと思って連絡先を教えようとした。
が、なぜか反対に向こうが自分の連絡先を教えるではないか。
しかも、妙に曖昧な。(たぶん、て感じ)
でもって、なぜかフルネームで下の名前を強調。
首をかしげつつ、変な人だなあと思って目が覚めた。

それはともかく、確かに父にも少しいい加減なことはあったなあと思い出した。

拍手

2015/12/24 (Thu)
退職したのに
なぜか復帰している夢
そんで、商品がめちゃくちゃなことにいらつき(整理しなきゃとか)
お客の対応に追われ
(でも、3年ぶりだから操作は人に任せて)
で、なんか戻ったところが家ではなくて
寮みたいに他人がいて
やっぱ復帰しなきゃよかったわ~なんて言っている
お給料はあっても、やっぱ後悔するのか、私は

拍手

2015/11/19 (Thu)
昨日の朝方だったかに見た夢は
あまり気持ちのいい夢ではなかったが
わりと覚えている
家の中で片付けをしないといけなくて
私は母に頼まれたところをやろうとしたら
姉に別の場所をしろと言われて、気に入らない。
そしておかしなことに、最初は家の中のはずだったのに
いつのまにか道路の真ん中にいて、まるで工事しているみたいに通りにくくなっている
かと思うと
家の庭にいて、
そこへガー!と大きなエンジン音が来たかと思うと、
トラクターみたいなのが入って来た。
そこで(なぜか)母が帰って来たのか思ったら
死んだはずの父の姿があって
父は「どうした」という感じで私の肩に手をやり
その手が熱かったから混乱した。
うそだ、うそだ、うそだ
死んだはずなのにいるわけがない
そう夢の中で拒否して目が覚めた

拍手

2015/10/07 (Wed)
朝方、妙な夢を見た。

見知らぬ場所を歩いていた。
小さな小屋みたいなところで、数人の老若男女が気合?を入れていたような
体操だったかもしれない
その中に入れず、外にいたような

場面変わって、隣の地区の
幼馴染の家の前に
(現実ではよその家が建っているのに)
夢では、そこにうちの畑があってフェンスで囲まれている。
そして母と私がいて、
母が言うには、ここらへんにはもう1つ小さな土地があって
いずれここは姉にやって、小さなほうはお前にやる、みたいなことを言っていた。
後で母がいなくなった後、なぜか(亡き)父が来て
こんなとこで何やってるんだ?
もしくはお母さんは何してるんだ?
みたいな感じで訝しく尋ねたと思う。
なので、父に「姉さんにはここをやって、私はもう1つの小さいほうだって」
みたいな説明をしていた気がする。

確かにここのほうが道沿いで、立地条件はいいよなあと思っていた気がする

拍手

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *