忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(855) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(91) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(5) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(97) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(12) * 近隣トラブル(21) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
07 2017/08 09
1 2 4
7 8 9 10 11
13 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
2013/11/05 (Tue)
あのクソオヤジの件で
悪夢を見る

こないだは脅迫観念からか
寺の住職が出て来て
「農林水産省のほうから言われて道を残した方がいい」とか
言ってきた。
精神攻撃かと思ったよ。

で、今朝は、前職場の職種で場所は違うんだけど
そこでは正社員じゃなくて非常勤で勤務しているみたいなんだけど
正社員の人たちがみんな意地悪でそっけなく
何かあるとすぐに「だからダメなんだよな」とか「こんなミスしやがって」
みたいに責め立てるという気分の悪い夢だった

拍手

PR
2013/11/02 (Sat)
前に見て書いてなかった夢
体調不良になるとナーバスになるが
そのせいだと思った

苦手でできれば関わりたくない兄弟と
表だってケンカをする夢
そして私を家から追い出そうとする
これは私の恐れだ

今朝みた夢の中でも決して仲良くはない
父の葬儀みたいな集まりで
座席を決めていなかったら
兄弟が「お前の準備が足らなかったからだ」と責めた
じゃあ、お前は何をしたんだと
何もしていないじゃないか
それなのに口を出すなよ

ああ、これも私の深層心理か

でも、悲しかったのは
死んでいた父が、なぜか目をあけて動いている
それはいいのだが、痛みで苦しそう
そして、私にむかって「痛くないようにしてくれ」と頼む父
看病中、手をあてていたせいかどうか知らないが、幸い痛みが少なかったようだ(医者談)
でも、夢の中の父は
痛いと訴えていた
お父さん、成仏していますか?
今は痛くないですか?

拍手

2013/10/09 (Wed)
昨夜はなかなか寝付けなかった。

そのせいかどうか、いや悪夢の父の最期の闘病生活を思い出してしまったからかもしれない。

話の前後は不明だが、

咳き込んで、ぽたぽたと口からでた赤い(といっても今回はモノクロ)ものが
血らしいと知って、驚く自分
ああ、もう死んでしまうのかなという感覚。

拍手

2013/09/26 (Thu)
24日か25日の朝見た夢の一部

なんかわからないけど、いくつかのグループになって行動するみたいで
最初6~8人で机を囲んだので
それぞれ自己紹介をして、よろしくと挨拶をしたのに
その後新しく入ってきた者たちが
なぜか自分たちのグループに入って来て
大きなものになってしまった。
ちょっと多すぎるのでは?と思いつつ、
これって1グループ何人までと決まっていないのかと誰かに尋ねたら
特に決まっていないという。
動きずらいし、そもそも最初のメンバーも不快そうだ
そうだ、こちらから抜けようか

・・・と思っているうちに目が覚めたようだ。



26日朝の夢

覚えているのは、どこか岩山っぽいところの頂上
親しくない幼馴染がいて
なぜか周囲にヘビがたくさんいる。(色とりどり)
と思ったら、部屋みたいなところもあって
突然、地震みたいに揺れて、慌ててクッションみたいなものをかぶる
他にも人がいたみたいで
ここはどこかと尋ねると
どこかの遺跡の中だという
碁盤の目のような遺跡があって、その中に入っていたようだ
私は場所がわからず、幼馴染に道具を借りて
地図のようなもので確認していた。

拍手

2013/09/09 (Mon)
昨夜もなんとなく息苦しくて
何度も寝返りうって
その間、何度も夢をみたらしい。

うろ覚えだが、その中に今までにない夢があった。

それは、なぜそこにいたのかわからないが
屋上みたいなところにいて
向こうの夜空を見ていたら
1点光が見えて、星かな?と思っていると
それがぐんぐんと青白い大きくなってゆき
気が付けばこちらのほうに向かってきているようで怖くなり、
慌てて後ろへ逃げながら、母を呼ばなければと思った。

その青白い大きな球体は、まるでミサイルの玉のように
町の中に突っ込んでいくようにむかっていき
(真上からではなく、かなり地面に平行した動きで下に向かってゆく)
このままでは、(それが火の玉のようなものなら)
地面(町)に衝突して大爆発が起きるだろう
そんな恐怖で、夢は終わった。

それが1番強烈に記憶に残った夢(球体も色付きだし)

あとは、なんか漫画や本やドラマみたいなものが
混ざった感じのもの

なんかこれから店舗を借りて新しい水商売の店を始めるママさんみたいな人が自分
でも、それは訳があって、兄貴が借金を持っているから
しかし、兄貴を責めることはないし、仲もいいようだ(なので、何か理由があるのだろう)
なので、兄貴と恋人(もいるらしい)と友人、仲間と一緒に
これから頑張っていこうというところ

それから、駅前みたいなところ?ロビーの入口みたいなところで
まだ下っ端の売れない芸人たちが前座みたいに
ストリートでやっている
それを見てダメ出しを言う自分、でも芸人たちは怒ることなく頑張って直そうとしている夢

学校みたいな学生がたくさんいて、
催し物なのか、いろんなことをしている中
たこやきを焼いていたり、蝋人形みたいに動かない像を集団でやっていたりする夢
でもって、その途中で、ある女につきまとう男がいて、なぜか労働法みたいなことをウンチクたれてからんでくる夢


・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼間、うつらうつらしていて見た夢がこちら。

裏の家の通りをなんか歩いていて、
よくわからないが、何かころがってしまい
敷地の入口にかかってしまった。
まずい、おばさんが来ると思ったが、遅かった。
(土地に執着している)おばさんは、「入ったな~!」と私を見つけ怒ってきた。
そんで、ノートみたいなものを出してきた。
どうやら敷地に入った人の名前を記録しているようだ
私にもそこに名前を書くように言ったが、名前を書いて気が済むならいいだろうと思い
書くことにした。
しかし、どうしても、今日の日付が思い浮かばない。
しかも、書く欄まで間違ってしまった。
もたもたしているうちに
おばさんはどっかに行ってしまい
なぜか怖そうな女子高生グループに友好的に囲まれてしまった
という夢

拍手

2013/09/05 (Thu)
起きた途端、もう夢はほとんど忘れてしまったが
覚えているのは
何かのグループでしなくてはいけないことがあって
ライバルに知られるとうるさいので
ライバルには知られないように計画して
他の者がそれを実行する、みたいな。
なにか部屋の者を処分するとか

あと、汚い財布?
ボタンもさびて落ちているのに使っている
それと何か工作みたいに作っていた

お金がない。
働かなければというのは現実と同じ

で、道を歩いていたら新しいガソリンスタンドがあって
車が何台か停まっていて
その中で、客の一人の女性がへんなことをして去っていき
店の人も「なんだあれ」とあきれ顔

それからなぜか知ってる和菓子やが出て来て
できたばかりの店だが入ったことがない
お金も少ないが、何か買いたい
そうだ、おはぎなら母も喜ぶかも
そう思って店内に入るが、てっきり店内かと思っていた場所は
ロビーではなく、店側の裏側で売り物ではないものがあって
あれ?と思いながら戸を開けてそこを出ると、店内に出た。
店番には、なんか中東の女性のようなかぶりものをした人がいて
商品を見てみるが、なんかあまりおいしそうではない
ただ、横の棚にはおはぎが並んでいて1個の値段も安いから手ごろだと思い
買おうとするが、その前に目が覚めた

拍手

2013/08/22 (Thu)
毎日猛暑で眠れません。
なので、熟睡できず
うつらうつらとしています。
朝昼逆転しているような

で、そん時見た夢の中で
うろ覚えの奴

1)でかいうさぎが2匹(可愛くない。モップみたいな)
家のなかででかいウンチをばらまく。
(本来のウサギのフンではなかったような)

2)知り合いが謎な暗殺者?に次々と倒されて行き
自分も狙われておいかけられるが、なんとか必死にかわしていた

3)ネコ、ミーコかフクかまざった感じの奴で
抱いて寝ていたv

4)姉がものすごいごつい浄水器を水道に設置して水を使っていた。
と思ったら、水道から水が噴き出して止まらず
どうしたらいいんだ~という夢

拍手

2013/07/24 (Wed)
無理やり起きたので、あまり覚えていないが
なんとなく
事務系なところで、働いているのだが
別にオフィスというのではなくて
妙に「和」「昔」っぽいところ

で、主人公(あえて主人公とかく)は
小説に出てくるような、天然ドジッコで
何かしらズレているのだが
周りに好かれるタイプで
これまた癖のある同僚・先輩にいじられていたりして
でも、その中で真面目で優良な少年~青年たちに(一族?)
実はひそかに好かれているらしい

ちなみに、その中でお経っぽい唱えるような場面があるが
それはたぶん寝る前に(父の月命日で)読経した記憶のかけらだと思う

拍手

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *