忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(855) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(91) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(5) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(97) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(12) * 近隣トラブル(21) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
07 2017/08 09
1 2 4
7 8 9 10 11
13 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
2014/08/16 (Sat)
14日は寺の盆参りがある。
時間が昼前ということもあってか
ほとんど寺に来るのは男性、おっさんばかりである
なので、会いたくない裏のおっさんもいるかもしれないと思うと、
イヤだなあと思うのも仕方がない。
そんな気持ちが残っていたのか

夢の中に奴が出てきたのだ
イヤミったらしく、うちの裏にある木に虫がついていることを指摘してくるという。
超ムカつく。

拍手

PR
2014/08/12 (Tue)
久しぶりに夢の話を少し。
朝方のほんの少しの時間見ていた夢が

なんか立場的に上司っぽくて、部下がいるらしい。
んで、ふと気が付くと唇がなんとなく片方動きづらい。
麻痺しているような?
まさか、脳梗塞じゃないだろうな
もしそうなら一刻も早く病院にいかねば。
と、思うのだが、どうしても抜けられない用事があって
それがなぜだか結婚披露宴みたいな?
しかも、全部自分が取り仕切っているみたいで
相手もいないんだよな(苦笑)
どっかの式場と自宅モドキみたいなところが出て来て
でも、病院にいかなきゃ、でも最低限の準備と連絡をしなくちゃ
とパニックになっていると
部下みたいな人たちが様子を伺いにきて。
そこで「私の代わりにやってくれる人っている?」って言うと
誰もが「はい」と快く承諾してくれたのだが
(一人はめちゃいいイメージ)
なんか、みんなの食事がモーニングになってて「え?あれ??」
とにかく親戚の人とか知り合いに連絡しないと・・・病院に行けない
といつまでも焦っている夢だった

拍手

2014/07/11 (Fri)
台風の関係で、暑いこともあり
また体内時計のずれのせいか
寝つきが悪いと思ったら
ろくな夢をみていない

現実の世界とは違うけど
お客相手にトラブル
しかも、頼りない上司と同僚
ムカつく
いつになったら、こんな夢を見ないで済むのだろう

拍手

2014/05/26 (Mon)
思わず長く昼寝をしてしまい、目覚める前の夢

覚えているのは、家に姉がいてなにか手伝っている
義兄か、酒を飲みに行っているとか?

意識がなくなるまで飲んでみたいよなあとか言っている。

その場に、おたくっぽい青年がなぜか手伝いみたいに家にいる。

トイレですれ違い、姉に「あれは信用できない」と囁くと、頷く。

そして携帯カメラで撮影しているかしれないからと持ち物を確認させてもらう。

すると、青年は嫌がることもなく応じる。
それどころか、(なぜかリュックをしていて)それがタブレットみたいになり
画面で操作するよう誰かに言っていた。

それを裏口近くで立ってみていたのだが
なぜか裏口の戸が開いていて
家を斜めにぞろぞろと西から東へ行列が。
中には知った顔もいるのか、会釈をする人も
なんだか黒い服ばかりで…葬式行列のようだ

それを私は不快な気持ちで見ている
葬式が、というよりもうちの敷地を斜めに通り道にしていることが、だ。

すると、どうもそこは(今は空き家)隣の家の人だとわかる。
そこで少し会話をしたのだが、目が覚めてみればおかしなことばかり、
なぜなら、誰もその家で亡くなっていないからだ。
おじさんはずいぶん前に亡くなったし
叔母さんは体調を崩し、多少認知症っぽいのがあるらしく
娘に引き取られて、あれほど元気ではなさそうだ。
しかも何より、おばさんの恰好がケバかったから。
化粧も髪型もとても「喪」用ではない。
服も紫色とか派手だった。

わけがわからなかったが、疲れた

拍手

2014/05/20 (Tue)
今朝がた見た夢は
はっきり父が出ていた。

いつのまにそういうことになったのかわからないが
最初は山林か畑みたいなところにいたと思うのに
いつのまにか2階の自室にいて
そこに父が来ている
父がかなり若かった。
そんで、なんでか車を売る話だったらしいのだけど
はて、いつのまにそんな話になったのか
そもそも、そこの会社へ頼んだのは
父が亡くなった時で、しかも、もう車が古すぎて動かず廃車する時の話だ
私の車はまだ廃車するほどではない
なのに、話が進んでいて金額までいくらとか言われて
父に頼んで代行してもらっていたけど
途中から、これは違うだろう
別に廃車するつもりはないのに、と焦るのだ。
で、父に「ちょっと待って」とか言うのだが
なぜだかその場に父の知り合いなのかOBらしきおじさんが来て
「見せてみろ」と書類を除きこむ
一方で、後で集まろうぜ、みたいな感覚で
父は楽しそうだった

私は焦ったけど、父が楽しい夢だったらいいか

拍手

2014/04/07 (Mon)
昨夜は体調不良で、何度も覚醒し何度もうとうとした
目覚める前に見ていた夢は
あまり記憶にないが
覚えているのは

現代ではない世界で
なんかとある国が捕虜みたいになって
相手の国が怖い国というか怖い人たちで
人質みたいにそこにお姫様みたいな人が行かなくてはいけなくて
それが結婚という形なのかよくわからないけど
なんとなくエログロな場面だったような

でも、一転して
いつのまにか、その怖い国っぽいとこが攻められるようになって
逃げないといけない立場になったのかなあ
もしくは全く別の話かもしれないけど
で、そのお姫さまみたいな女性は
一応、相手の王様みたいな人と一緒に行動していたせいか
(最初のエログロとは違う設定なのかよくわからないが)
多少なりとも大事にされるような存在になっていて
後で落ち合おうという約束をして、それぞれその場を逃れた感じ

で、逃げた先が
なぜか現代の自宅に似た家だったりするのだが
先に女性が辿りついて家の中に入るのだけど
いつのまにか一緒にいたのは、その王様?っぽい人の幼い妹で
見ると頭はボサボサでフケもいっぱい
これは洗わないと・・・と思っていると
王様っぽい人が後からやってきて安否を確認し合う
で、ついでに妹をお風呂にいれてやってと頼んでいたような。
それからいつのまにか、女性の姉?っぽい人がいて
事情を話すと
だから、頼れる人が必要なのよ、とかなんとか
わかったようなことを言っていた気がする

拍手

2014/03/09 (Sun)
朝方見ていた夢もよくわからん夢だった。

なんか父と母と出かけていたのかなあ
夢の中にいたのは覚えている。
んで、帰る時に新幹線にしようかみたいなことを言ってて
なんか駅にみたいなとこにいるんだけど

切符売場じゃなくてさ
なんか大きなコピー機みたいなもので
清算しようとしているんだよね

お金を入れたんだったか忘れたけど
でも、それがうまくいかなくてエラーになって。

受付のお姉さんらしき人が操作してくれたんだけど
え?何?お金が足らない?
ああ、これって口座からの引き落としじゃないの?とか自分で言ってた。

で、わかんないのはさあ、
そこでお姉さんの一人が、今の金利はどれぐらいですか?って聞くんだよ。

私も私で、知らないって言えばいいのに
律儀にうろ覚えながら「~ぐらいですかね~」なんて答えている。
そしたらお姉さんは「あら、前は~だったのに?」と不審げ。
そんなん知らんじゃん。
っていうか、なんでそんなことを聞くんじゃ

という夢だった。
あかん、まだ毒されているわ
そりゃ17年あるしな

拍手

2014/03/07 (Fri)
朝方イヤな夢を見た。

なんか私はまだ前の仕事をしているようで。
今度巡回に行くらしいが
またまたかなり山の斜面にあるような過疎地で
それがどこにあるのかよくわからん場所で。

ところが家でのんびりしていたら
すでに9時を過ぎていて、
スケジュールを確認したら
今日がその過疎地に行く日!?と驚く。
遅刻の連絡を入れなくてはと思ったが。

ふと、これは夢なんだから
覚めたらみんななくなることなんだから
別に放っておいてもいいかと夢の中で考えてそのまま流す。

ところが、すぐには目が覚めないので
夢の中ではまだ「今」が続いている。
おかげで、私は1日無断欠席したことになっていて。
グループの上司の一人に
「なんで行かなかったんだ」と言われ
「すみません。スケジュール表に書き間違えちゃって」
と苦しいウソをついていた。

それはともかく、
本当に夢から覚めてホッとした。
やっぱ戻りたくないな

拍手

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *