忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(855) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(91) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(6) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(97) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(12) * 近隣トラブル(21) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
07 2017/08 09
1 2 4
7 8 9 10 11
13 16 17 18
20 21 22 23 25 26
27 28 29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1768] [1766] [1764] [1761] [1760] [1757] [1756] [1758] [1755] [1754] [1753]
2015/11/30 (Mon)
昔、夜間の運転中に、車にはねられたばかりのネコを見ました。
はねられたところを見たわけではなく、たぶん直後だっただろうと思います。
最初、何が落ちているのか、動物の死体かと思って避けて通った時に
黒い影が
ネコの頭が動いていたのに気付いたのです。
生きているんだ・・・!
でも、車道ですからあっという間に通り過ぎてしまい
でも、心の中では「どうしよう、どうしよう」と繰り返し・・・
そして途中で思い切って引き返しました。
車の中にダンボール箱がありましたから
もし息があったらそれで運ぼうと思いました。
でも、戻った時には(当たり前ですが)もうネコはこと切れていました。
夜間ですから、辺りは暗いです。
時折通る車のヘッドライトだけが照らしてゆきます。
きっと通り過ぎる車からは不審に思われたことでしょう。
私は停車してヘッドライトで道路を照らす中
ネコの亡骸をアスファルトの道路の横に移動させました。
また車に踏みつぶされないように・・・
ですが、それだけしかできませんでした。

あの、かすかにもたげた頭の影が今でも忘れられません。

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *