忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(870) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(98) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(6) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(43) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
09 2017/10 11
5
8 11
15 16 17 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1855] [1856] [1836] [1832] [1829] [1828] [1825] [1823] [1817] [1816] [1811]
2016/03/23 (Wed)
昨日、母は近所の婆から情報を得たことは
ホントかどうかしらないが
こないだなくなったご近所の人の家が売りに出されたそうな。
養子にした男性が、いずれそこで住むかと思っていたが
やはりそうなってしまったか。
お婆さんが生きていた頃は、敷地内の畑もしていて
家も直していたから、それはいいねえと思っていたけど。
結局一緒に住まずに、家を手放すんだったら養子にした意味はなかったんじゃ?
んー・・・でも、おばあさんが老後一人暮らしができない状態になってからは
面倒みてもらっていたしね。(男性の奥さんは全く関与しない)
最後は施設で亡くなったけど。
相続分はもらうだろうし。
まあ、よそに家を建てたら戻ってこないよねえ。
しかも、ここ田舎だし。
今更奥さんだってこんなとこ住みたくないよね。
他に家があれば維持費もかかるしさ。
にしても、過疎化の進むとこなので、
また1軒なくなってしまうかと思うとなんだか寂しい
家族葬にして法事も全く身内でしてしまったので
最後のお別れもしていないから余計に気になる。
そして、うちもいずれ同じことになりそうで気分が落ち込む
私は家に愛着があるし、両親が大変な思いで家を大きくしたか話に聞いてるし
人に頭を下げて敷地を拡げて、私も嫌な思いも我慢して
今の生活が便利になったことを知っているから
それがいずれ自分の思いも、親の思いもわかっていない人に処分され
無となり、いずれ廃れてしまうと思うと悲しい。
たとえ世の理だとしても。
ビフォーアフターで古い家を壊す時に、泣いてしまうご家族の気持ちがわかるなあ。
まあ、あれは新しく建て直して住むからいいけどさ。
だったら、生まれた時から賃貸に住んでいるほうが執着することが少なくていいのかもしれないなあ。


拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *