忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(862) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(95) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(6) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(33) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
08 2017/09 10
1
4 7 8 9
10 13 16
20 23
24 25 26 27 28 29 30
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1962] [1961] [1960] [1958] [1953] [1959] [1955] [1956] [1954] [1957] [1952]
2016/12/12 (Mon)
最後に寄ったスーパーで、レジで精算後お釣りを14円もらった。
それを財布にしまおうとしたら、1円が落ちて(袋に入れるための)台の下へ転がってしまった。
たかが1円、されど1円。
レジも忙しそうではなかったので、店員さんに「この台は動かせますか?1円が転がってしまって」と声をかけてみた。
そうしたら、台は動かないのか?箒を持って来て、台の下に突っ込み、奥から履き出したまではいいのだけど。
出てきたのは、なぜか10円玉。
あれ?思わず手の中を見るが、残って居るのは13円で、レシートを確認してもやはりお釣りは14円。
今は機械でお釣りが自動的に出るから、間違うことはない。
「10円じゃないですか?」と店員さんは聞くが、「いえ、1円です。転がって行くのを見ました」
再度、箒をつっこむが埃しか出てこない。
「おかしいですね、1円はないですよ」と言われても・・・
「変ですね、どこへ行ったんでしょうか」
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・」

しばらく無言のあと、店員さんも困ったのだろう、
「10円で持ってって下さい。また1円出て来たら、寄付箱でも入れますから」
と10円を渡してくれた。
まあ、こういう出てきたお金は計上するのもやっかいだしねえ。

そんなわけで、9円の得にはなったけど。

お母さん、私がよく現状にボヤくと「また、いいことあるさ」って言うけど
これがいいことなんでしょうかね。ちょっとショボイいんですが。

ちなみに、昔、金融機関で勤めていた時、転がって金庫の床の隙間にはまって取れなくて
弁償した私の500円玉はどうなったのかと、ふと思い出してしまった。

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *