忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(870) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(98) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(6) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(43) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
09 2017/10 11
5
8 11
15 16 17 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1909] [1908] [1907] [1906] [1904] [1903] [1901] [1898] [1895] [1893] [1892]
2016/07/29 (Fri)
今年も施餓鬼の季節で、お布施自体は1日に持って行ったものの
それとは別に、施餓鬼の日が近づいてくると用意せねばならないのが
お寺への施餓鬼用のお供えと野菜。
(野菜は前日に寺の当番が回収しにくる)

お供えはいつもスイカなので、今年も・・・と
JA直売所に行くことにして、一応母に声をかけた。
どうだろう?足が動けないと、デイやリハビリ以外は庭先ぐらいで
めっきりと買いものに行く気力が少なくなった母
歩くことも大変で、「えらいで行かんわ」と言うかと思ったが
「たまにはいいんじゃない?」「野菜を見るだけでもいいんじゃない?」
と言ったら、「そうやな、たまにはええか。その代り座ってるだけやで」って言うんで
「えらかったら、入り口のベンチで座って居たらええやん」と言って
なんとか、出掛けることに。一応手押しカートも持参。

それはともかく、直売所開店30分後に到着し、駐車場も運よく入口近くに車がおけて
幸先いいなあと思って店内に入ったら、なんとスイカがない!
未だかつてこんなにスイカの数が少ないことがあっただろうか。
昨年も確かに入荷した日とずれてしまったので売り切れ間近だったが
それでもなんとか買えた。
にもかかわらず、今回は(施餓鬼が1週間早く)早めにきたのに、ない。
もしかしてスイカの出荷数が減ったのかな?と思うほど。

そんなわけで、ここでスイカを買うことはあきらめ
母は早々にみたらし団子・私はフライビーンズを買い
あとはお寺へ渡す野菜も物色していたが、これまた予算オーバー。
そもそも、家で野菜を作って居た頃はお金もかけなくてよかったが
もうその時期に渡せるような野菜が手元にない。(あっても収穫も少ないし)
そんなわけで、昨年ぐらいから少しずつ買い足すようになったのだけど
ピーマンやナスは当たり前といい、結局今回はしめじと卵型のトマト1袋を1袋。
(しめじだったら、ホントはいつものスーパーのほうが安いんだけどねえ)
それにしても、こんなんだったら、今度は別の直売所に行った方がいいかなと思った。

なので、農業の店に直売所があったかと帰りに寄ったが、いつのまにか閉鎖していた。
なので、また戻ってショッピングセンターの野菜売り場を見たら
ある程度の大きさのスイカが2000円以下で売っていたが
今まで直売所で1000円以下で買っていたことを思うと高い。
もうこれは菓子に変更するしかないかなあ。
昨年ぐらいから、「もうスイカは持って行くのもえらいし、菓子にしようか」と話はしていたのだけど、スイカのほうが菓子よりも安く買えたし、毎回「何にしようか」と考えなくていいから、できればスイカが面倒がないかなあと思っていたわけだけど。
小さなスイカではお供えにふさわしくないと母は言うし。
実際大きなスイカがお供えに並んでいる中、うちの小さめのスイカは少し恥ずかしい気がする。
なんで小さなスイカはダメなのかと母に聞いても知らないらしいが、おそらくこの時期元々は家でとれた1番大きなスイカを、仏さまにお供えするということから始まったと思うんだよね。
でもスーパーのスイカを買うにしても、大きな物は運ぶのも大変なので(ヒモもついてなかったし)結局今回は菓子にすることにした。
いろんなあられが入った小袋が複数入ったセットの奴で、2000円+税
今まではお供え用の少し大きめのスイカと、住職の家族用の小さなスイカ2つ足しても2000円以下だったけど、もはやお供えの菓子だけで2000円超すのだから余分には買えない。
物価も高くなってきたし、こうやって少しずつ移り変わって行くのだなあ。

それでも、今年もスイカを買いに直売所に母と行けてホッ。

だってねー
こないだデイから今度の計画書の確認をお願いされたんだけど
前回の文章の状況から変化があって、訂正してもらったんだよ。
例えば、自宅での状況では
「時折昼寝をする」が「毎日昼寝」になり
「時折は料理をする」が「めったにしなくなった」し。
かろうじて、自分の好きな野草や野菜は食べたいという気があって多少動くけど
それも切ったり皮をむいたりするぐらいで、最近は味付けも人任せになった。
健康状態も、いろいろあって文章が長くなってしまい入りきらない。
そのため、作成した相談員さんが私の書いたメモまで添付していた。
段々と母も動かなくなってきたなあと実感するが
だからこそ、今年も一緒にスイカを買いに行けてよかったなあと思うのだった。
(まあ、スイカはゲットできなかったし、
母はほとんど店内で動かず、私が走り回っていたけども)

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *