忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(848) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(91) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(5) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(26) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(97) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(13) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(11) * 近隣トラブル(12) * 母(75) * 家計簿(7)
  カレンダー
05 2017/06 07
2 3
4 6 7 9 10
11 12 14 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1926] [1925] [1924] [1923] [1922] [1920] [1919] [1918] [1917] [1916] [1951]
2016/09/10 (Sat)
こないだ車での帰り道に、うちの集落でひどい有様の野良猫を見かけた。
ちょっと見ただけでボロボロ。
ガリガリに痩せてて、毛もバサバサでハゲてるところもあったような。
ケンカしたのか、病気なのか目も当てられない。
余命が少なそうなネコ・・・
最近とんとそういうネコを見ていなかったから、結構驚いた。

そのネコが今日、たまたま庭に出た時に
うちの前を横切った。
うちのほうにも来てたんだ、知らなかった。
と同時に、お腹がすいてるならエサをやりたいと思ってしまった。
もうあの身体では助からないかもしれないけれど(病気かもしれないし)
だけど、そのネコは人なれしているようなネコではなく
(だからエサにありつけなかったのかな)
さっさと横切って、よその敷地に入って行ってしまった。
一応塀を乗り越える体力はあったみたいだけど。
はあ・・・気が重い・・・
いずれどっかで死んでしまうようなネコを見て
何もしてやれないのが気が重い
でも、きっと立派に?誰の助けもなくノラとして死ぬんだろうなあ

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *