忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(895) * 生活&夢の話(136) * 健康・病気・病院・心(99) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(8) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(29) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(100) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(25) * 近隣トラブル(52) * 母(80) * 家計簿(8)
  カレンダー
05 2018/06 07
1 2
4 6 8 9
10 12 13 14 15 16
17 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
2014/02/05 (Wed)
うちの庭はそう広くはないが、植木がいくつかあって
その中には定期的に剪定しないと葉が茂って邪魔になったり、背が高くなったり、不器量になったりするので、よく亡き父が枝を切っていた。
(ホントは庭師さんに頼むといいのだが、節約で)

昨年から私も時間がとれるようになったこともあり、
父が高齢で梯子にあがるのが危なかったりで、
私も自発的に庭木をカットするようになった。
といっても、本当に適当だ。
伸びてきたところをチョキンとするぐらいで。
しかし、「自分の髪もろくにカットしていないのに(伸び放題)、お前って奴は・・・」
と言いながら、ある木なんかは1年に数回剪定している。
そのうちの1つが、昨日書いた萩だったり。

そんな感じで、父も結構思いっきりカットしていたので、
よく母は「坊主にして!」と怒っていた。

ちなみに、私も夏になり大きな枝が隣の塀まで伸びていたので、
チョキンチョキンと切っていたら、
母に「これは猫柳やで、切らなくてもよかったのに。あ~あ、冬までもう伸びやんわ」
と嘆かれた。

高いところは脚立に乗って枝を切るが(高枝ばさみはない)
石があると脚立が使えず、腕を伸ばしても届かない場合は
そこだけ残って伸びてしまう。
その1つが、朝鮮槙。

この朝鮮槙、今まで名前も知らず全く何も意識していなかったが
父の法事で、シキビと同じく仏さんさんに御供えしてもいい木なのだと知った。
ちなみにWEB植物辞典で調べてみたら
『朝鮮槙という名前がついていますが、朝鮮とは全く関係がありません』
と書いてあった。(なんや、それ)

それはともかく、前から
その伸びた朝鮮槙(特にてっぺんの枝)を切ってくれと母から依頼されていたので
今日は気が向いて切ることにした。
(あまり伸びすぎても、背が高いと届かなくなり切れなくなるかららしい)
が、場所が悪く脚立が使えなかったため
前の枝からちょびちょび切っていって、奥の枝までたどり着き、
ようやくてっぺんの枝を切ることができた。
ちなみにこれ以上切るとハゲになると母から止められた

拍手

PR
2014/02/02 (Sun)
台風の影響で大雨が降ったりやんだりしている。
2階だと風雨の音が余計激しく聞こえ
いつもより早く目が覚めると
雨がやむ時を見計らってゴミ出しと、雨戸を閉めた。
が、古い家なので、雨戸が全部閉まらない。
仕方がないから閉まるとこだけ閉めといた。

しかし、雨戸を閉めたら天気が回復?
と晴れ間が見えてきたが、天気予報では明日まで雨が降るとのこと
せっかく閉めたのだからとそのままにしておいたら大正解
その後、何度も強風雨と晴れ間が、交互にやってきて
中途半端な雨戸だったが、やはりするべきだと思った

一方、2階のベランダから外を覗いた時にふと気がついた。
あ、ベランダの屋根(っていうか、ひさし?)が
古くなってもうすぐ割れてきそう・・・
もうだいぶ経つものなあ・・・またボロボロになるな・・・
あ~あ、またいずれ直してもらうのにお金がかかるな・・・とため息ついたのだった

でも、今年逝ってしまった父の遺した家だから大事に住もう
雨風をしのげる屋根があるのって、ホントにありがたい

拍手

2014/01/11 (Sat)
今日、通販で入手した眼鏡の鼻パッドの部品が届いたので
初めて交換した。

片方が割れちゃって(たぶんベッドからよく落とすから)どうしようかと思ったけど
もったいないし、安く販売されているのを知って
眼鏡用のドライバーも家にあったし、注文してみました。

やっぱ小さなネジをはめるのは難しいけど
なんとかなり、交換できてよかった。

この眼鏡は、実はレンズもほんの少しだけ欠けているのだけど
家用に使っていた軽いものだけど

それは父が、亡くなる前の春のこと
居間のじゅうたんの上で昼寝をしていた私は、眼鏡をはずし枕の脇に置いていた。
それを父が通る時に眼鏡を誤って踏みつけてしまい、壊れてしまったのだ。
はっきりいって、床に置いてあった私が悪かったのだが
眼鏡を買い換える時に、父が1万円だけ出してくれた。
(ホントは2万出してもらったけど、正直助けてもらうとありがたいので1万だけもらった)

そうして買った3万円の眼鏡(サングラスつき)が、これだ。 
そんな思い出のある眼鏡なので、レンズも傷だらけだけど
多少ひんまがっているけど、 もうちょっとだけ長く使いたかったりする

拍手

2014/01/09 (Thu)
昔の日記を見てみたら
2011.12.31の紅白歌合戦のことを書いていた。

「いつも年末はお客さんが来て身の置き所がないので
ついつい部屋にこもりがちになるのですが
今回はお客さんの滞在がずれて大みそかにいなかったので
ひっさしぶりに紅白歌合戦を見ました。しかも全曲(10年以上久しぶりかも)
今回は震災のこともあってやっぱ特別だと思ったので余計にかなあ
でも紅組が勝ってよかった -----」

この時は、いつも来る親戚が旅行でいなくて
居間には、珍しく父と姪と私がいて
私も何年ぶりかの紅白を最後まで見たのですが
これが父と一緒に見た最後の紅白歌合戦だったのですね・・・

年が明けて、父の病気が発覚し
つらいつらい悪夢のような日々が続き
あっという間に父は亡くなってしまったから

拍手

2013/12/24 (Tue)
昨夜は、どっちの病院へ行こうかと迷っていて
さらに腰骨あたりが痛くて眠れず
12時過ぎてから、気づいた。

そ、そういえば、月命日だったじゃないか!?
23日・・・忘れてた!!
つい、天皇誕生日だとか、連休だとかに惑わされて
初めて仏前で読経をするのを忘れた。
ごめん!お父さん。

拍手

2013/06/18 (Tue)
なんで今頃見てしまったのか
いつかは削除するメールではあったが

私はあまり携帯を利用していないので
メールチェックも数日に1回ぐらいで
最近見てないなあと携帯に電源を入れたまではよかった

データの写真を見るのもよかった
いや、ちょこっとフクと一緒に撮った写真にはシンミリしたのは事実だが

しかし、ここで送信済みメールを見てしまった私は
(当時の受信メールは削除したのだが)
1年前の、あの父の苦しかった様子を知らせるメールが
亡くなった日まで続いていて
1通ごと削除していたが
また当時の苦しさがよみがえり
嗚咽をもらした

拍手

2013/05/23 (Thu)

今日は一周忌の父の命日で墓参りに行った。
今回は苦手な「近い親戚」が行けないらしいから私が行けた。
来ていたら行けなかった。

時間は決めていなかったけど
母が畑に行ってしまったので、帰ってくるのを待っていたら
叔父さんと同じ時間に墓の前に着いた

叔父は父の末弟だが、強引なところがある人で
母も若い時分(小姑も多く)かなり苦労させられたらしく
私も苦手だが、母も嫌っていたりして
なので、おそらく内心会ったことに「ちっ」とか思っていたに違いない

しかも、叔父夫婦が(買ってきたであろう)持ってきた花に対しても
「お墓には派手な色の花は普通持ってこないよ」
などと嫌味にも取れるようなことを言うので
内心私もハラハラした
(でも、正直叔父は仏事にはとんと知識がない)

ちなみに、叔父はなんと父の命日を24日だと思っていたらしい。
それなのに、「1日早く来た」とか言うんで
「叔父さん、今日が命日だよ。
お父さん、『俺の命日は明日と違うぞ』って言ったんじゃないの?」
私がそう言うと
「そうか、兄貴が教えてくれたんかな」
と、叔父は苦笑した。
勘違いしてても、同じ時間に墓参りに来るんだものな

どうでもいいけど、一緒になってしまったことで
のんびりお参りするどころか
叔父のお経は早すぎて、落ちついて読経できなかったので
家に帰って仏壇前でまた読経しようと思った。

久しぶりに墓前に来たことをわびたが
にゃんこと一緒に過ごしているだろうかと思ったら涙が出てきた。

その夜、10時過ぎに仏壇前で、改めて読経した。    

拍手

2013/05/13 (Mon)
(体がだるだる~) 
1周忌の翌日 自室で引きこもっていた 
本当は墓参りも行きたかったけど
でもやっぱり一緒に行けなかった 
一緒にいたくない人(近い親戚)がいて
話す声も話す内容もイヤで仕方がない
法事のときは仕方がないけど
できるだけ避けた方が無難な気がする
愚痴も聞きたくないし
こちらも余計なことをつい言ってしまうこともないし 
法事の時も、できるだけ私は裏に徹して
最低限顔を合わせないようにしていた

拍手

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *