忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(870) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(98) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(6) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(43) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
09 2017/10 11
5
8 11
15 16 17 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
2015/06/15 (Mon)
こないだ、母が急に不調なりかかりつけ医の紹介状をもって総合病院に行ったら
緊急性はなかったようだが、念のために1日検査入院をすることにした。

入院時には、今服用している薬を病院に預けておいて
病院の薬剤師が管理をして、毎回看護師が服用させるという。
んで、たった1日だけど
1.下痢止めの漢方薬顆粒
2.下痢止めの錠剤A
3.下痢止めの錠剤B
4.ビタミンB12の錠剤
5.血圧を下げる薬A
6.同上B
7.高脂血症の薬
8.狭心症用の薬
9.血液サラサラの薬
10.胃酸を抑える薬
+目薬
私はそれらの各紙袋を1つのビニール袋に入れていて、それを家から持ってきて病院に預けた。
それが、翌日の退院時にはビニール袋はなくなっていて、紙袋が輪ゴムで束ねた形で返されてきた。
その時も「こんなんだっけ?」と思いながらも急いでいたのでそのまま鞄に詰め込んだ。
・・・で、おかしなことに気づいたのは3日後の今日。
ホントならすぐに確認すべきだったのだけど、元々家には1週間分はポケットに準備してあるので、保管分にはすぐに目を通さなかったんだな。
ところが、今日ポケットの薬を補充しようとしたら「あれ?夕食後のがない?」
上記の薬の中で、同じ薬局で処方されている分のうち、朝は「5~9」の錠剤が1つまとめて包装されているが、夕食後のは「9」が1つだけ包装されている。
で、その夕食後に飲む「9」の薬だけが入っていなかったのだ。
それも2週間分以上の量が。(こないだもらってきたばかり)
確かに今回の胃カメラをする際には「9」は出血していた場合服用するとダメだから一時止めたけど、1日しか入院してなかったんだけどね~
もしかして、病院側が返すのを忘れたのかも・・・というか、それしか考えられない。
そう思って、今日総合病院に電話をかけてみたのだけど。
事情を話したところ「詰め所にお繋ぎします」と案内のあとに、出た看護師?さんがね。
私長いこと電話で待たされて、きっと今薬を探してるんだなと思って、だから次に受話器から聴こえる声は2通りあると思ったんだよ。
1つ目は、これはこれで問題だけども『申し訳ありません、どこを探しても見当たらなくて・・・』って言うか、それとも、『申し訳ありません。こちらでお渡し忘れました』とかね。
でも、そのどっちでもなくて、『薬、ありますね。お薬手帳もあります』って言うだけで。
それ聞いて、お薬手帳も預けたまま返してもらってなかったんだっけって思い出した。
しかし、『ありますね』って、落とし物じゃないんだから他人事みたいに言わないでほしいんだけど。
あまり反応が薄いから、思わずこっちが「返してもらってなかったんですね、渡すの忘れたんですね」って、私念押ししちゃったよ?
それなのに向こうは『出血を止めるために、服用をやめていたんですよ』って言うから
もう退院しているのに何言ってるんだかと思いつつ
「だから、胃カメラの時に一時的に止めたのであって、今は退院したし服用しています」って言ったんだけど、今重要なのは「止める止めない」の話じゃなくて、患者がいないのに病院にまだ預けた薬が残っていること自体がおかしいわけでしょ。
正直ちょっとムッとしたよ。
で、私もね、余裕があったら病院まで取りに行ってたと思う。
でも、この看護師?の対応もあり、例の母の大ダメージもあって、体もだるいし、かなり距離があるし、予定もあったし、なんか疲れちゃって、つい「郵送してもらってもいいでしょうか」って口をついて出てしまった。
でも、ダメだったら仕方ないとは思ったよ。
そしたら、電話の相手の人が「郵送は・・・」と考えた風で、「じゃあ、私の仕事が終わった後でよければ家まで持って行きますが」って言うから、「いいんですか?じゃあお願いできますか」って頼んだの。
留守だったら、郵便受け箱に入れてもらうことにして。
それで助かった~と思ったら、また電話がかかってきて。
向こうの都合が悪くなったかなって思いながら受話器をとったら、これも全然予想していたのと違っていた。
なんかね、また同じことを繰り返されると困ると思ったみたい。
「本来は届けることはしませんし、取りに来て貰うのが本当ですので。今回はこちらの不手際ですから持って行くだけですので、そのあたりをご理解下さい」だって。
そんなことわかってるよ。
そもそもそっちが薬を全部返してくれていたら、こっちだって用事はないんだもの。
それが、再度かけてきて「仕方がないから特別に持って行きますよ」って念押しまでされるとちょっとね。
ていうか、その言い方って全然「不手際」と思ってないんじゃないかな?
私だって昔ミスしたら、当然のこととしてお客さんの家まで走ったものだけどなあ。
なんか病院って上から目線だよね。
同じ事をされると困るのはこっちだよ。
そんなわけで、後味が悪くて残念だった。
これってこっちが言わなきゃ、ずっと薬も病院に忘れられていたのかなあって思ったよ。

拍手

PR
2015/06/10 (Wed)
母に裏切られた感じ
怒りで沸騰しそうだった。
父の写真を見たら声をあげて泣けた

お金さえあれば、手を借りなくて済むのに
もっと遠いところへ行ってしまえ

拍手

2015/03/24 (Tue)
また隙を狙って虫歯ができていた
しょっく~

拍手

2015/03/19 (Thu)
サンプルもらったけど、まず~
たくさんあるから誰かにやろうかな
って思ったけど
念のため、商品になるぐらいだから効能があるんだろうなと
調べてみたら
いろいろあって驚いた
中でも目を引いたのは血糖値の安定
これは母に飲ませるといいかも。

拍手

2015/03/03 (Tue)
タイトルを「激痛!大腸内視鏡検査」にするか迷った。

10数年昔、社会人になって間もない頃
ある時下痢が続いて、某医療センターを受診した。
その時はまたネットで調べることもなく
新米の女医さんの言うまま、大腸内視鏡を受けることになった。
だが、それを後悔することになる。
女医さんは新米で、ベテランの医師が内視鏡を操作している傍ら
教えてもらっていたみたいで
さらに、同じ部屋には研修医みたいなやつらが数人立っていて
まさに私は実験体。
まだ若かったし、こんな羞恥プレイあるかという感じで。
とはいえ、痛みはあまり記憶になく
思い出すのは、その羞恥プレイと
何度も便を確認してもらうために看護婦さんを呼ぶのが面倒だったのと
「綺麗な腸ですね」「過形成ポリープがある」という医師の言葉と
「2度としたくはない」と思った最悪な思い出だけ。
結局、その時は下痢とは関係なくて
神経性の物ではないかということになった。
確かに当時、合わない上司で毎日泣かされていたから頷ける。
ポリープ自体は、当時切除するのに1週間入院と言われて、躊躇した。
やはりまだペーペーで仕事も休みにくかったし。
でも、どうなんだろうと思って
後日父ががんセンターへわざわざ聴きに行ったら
「過形成ポリープって言われたならそうでしょ。問題ないです」みたいにあっさり言われて終わり。
確かに今じゃ、その程度でがんセンターへ行ったこと自体間違ってるとは思うけど。

で、今回初めて検便で1回陽性が出たこともあり
昔のポリープが気になって、
ずっと気になるなら2回目の内視鏡検査を受けようと思い立ったわけだけど。
かかりつけ医の検便の再検査でよしとするのが心配で受診するのだから
紹介状は書いてもらえないし、かといって他で検診を受けたのだから別の内科医に検査をしてもらうのも気が引ける。
ってことで、市内の総合病院に行ったんだけど。
ちょっと間違ったかもしれない。
診察室に呼ばれたら、HPにあった兄ちゃん医師。
まだ若いから肩書もない。
でも、内視鏡は別のベテランの医師だといいなあと思っていたんだけど。
実際検査室に行って、兄ちゃん医師が現れた時は「うげ」って思った。
また実験台かよ、みたいな。
(そう、内視鏡の予約をしたら、「明日どうですか」ってめちゃ早かった。
なので、食事もしっかり管理できず。朝食野菜食べちゃったよ、みたいな)

確かに下剤を2L飲むのは大変だ。
便を出すよりも(お腹も痛くなかったし)
最期の2杯を飲む時が辛かった。まずくて気持ち悪い・・・うっぷ

(どうでもいいけど、その日同じ検査を受ける人が、おっさんと、外国人の男性で
無言・・・の空気がきまずいんで、飲む時だけ部屋に戻って
超の動きがよくなるらしいからひたすら病棟を歩いていた。
で、外国人の人は初めてではないらしいが、日本語は話しても説明書が読めないらしい。
だから看護師さんの話も適当に流していたみたいで
10分ごとにコップ半分飲む下剤を
私とおっさんより後で来たのに、3人の中で1番先に下剤を2L飲みほして
1番先に検査してもらっていた。

それはともかく、診察時に手術歴を聞かれて
あると癒着があるので痛いとは聞いていたが。
ネットでも医師の腕次第だとか書いてあったけど
実際あんなに激痛だとは思わなかった。
確かに前回は手術もしていなかったし、痛みに関しては記憶もないから
たいしたことがなかったんだろう
しかし、今回は拷問のような(って拷問されたことないけど)
激痛で死んでしまうかと思った。
なにせ途中で足を組んで仰向けになった体勢も辛かったけど
両手がしびれて麻痺してきたし
なんか過呼吸になったと思われて、医師と看護師から「息を吐いて~」と言われたけど
もうここ何年か感じたことのない激痛にさいなまれ
検査が終わった時はかなりダメージを受けていた。(HP消耗)
医師が「映像見ますか?」って言っても、それどころじゃなく
曖昧なまま、医師に詳しく聞けないまま終わってしまって、後悔。
だって、後でじっくり写真をみせてもらいながら説明してくれるのかと思ったのに
その時で終わりだったんだってさ~(清算時に知った)
検査後しばらくは横になっていたけども
あまりの苦痛に、30分経ってもしばらく前かがみで、歩くのもよろよろ。
(先に受けたおっさんなんか、いびきかいて寝ていたよ、羨ましい)
すぐに車も運転できないから、しばらく座っていて
ボチボチと休みながら店に寄りつつ家に帰ったんだけど
ようやくマシになって家に着いた時には
母が心配して病院に電話していて驚いた。

これまで開腹手術を2回して「癒着がひどい」とは医師も言っていたけど、
やっぱベテランじゃないからじゃないの?とか思う。
ネットで医師が「実際に癒着で難しいこともあるが、言い訳に使うこともある。若い時はそう言っていたこともある」と書いているのを見たし。
とはいえ、実際ベテラン医師でも癒着のため、検査を中断した人もいるらしいし。
そういう意味では、まだ全部見てもらってよかったかもだけど。
また「2度としたくはない」と思った。
思ったけど、また忘れた頃にしなくてはいけない時期が来るかもしれない。
その時は内視鏡専門医に頼もう。
その時やはり激痛だったら諦めるしかないよなあ。

そうそう、検査着に着替えた時、「しまった!」と思ったのが
足のムダ毛の処理
冬の間パンツルックだったから、おろそかにしていたわ
やばかったなあ

にしても、こんなに苦痛を味わされて数千円もお金を払うなんて
まるでマゾみたいだと思ったのは別の話。

そうそう「小さいポリープが1個だけ、これなら大丈夫」とだけしか言ってなかったけど
じゃあ、次いつしたらいいんですかね?
それって前のポリープかなあ?
などと聞きたいことはあったんだけど、知らないうちに終わってしまったから
まだ機会があったら電子カルテを見てもらおう。

拍手

2015/02/23 (Mon)
秋、市の定期健診での大腸がん検診(検便)で
下痢の日に当たったせいもあり、初めて1日陽性になった。

で、そしたら内視鏡検査に回されるのかと思ったら
かかりつけ医はそれを口にせず、再検査をするという

でも、ネットでは(まあ、胃腸科のHPが多いけど)
1回でも陽性になったら内視鏡検査をしたほうがいいって書いてあって

どうなんだろうと思いつつも、とりあえず再検査を受けてみたら
今度は2日とも陰性だった。

それはそれでホッとしたけども
やっぱ完全なないよなあ

医師はマニュアルに沿ってやってるっていうけども

TVで情報番組を見るとやっぱしたほうがいいのかなあとか思うし

ただでさえ、別の科で経過観察なのにねえ

拍手

2015/02/13 (Fri)
完全じゃないけど
再度2日間検便したらOKだった。
まあ、電話かかってきてないからねえ

拍手

2014/11/25 (Tue)
雨が降っていたせいもあり、9時まで寝てしまった。
また、母の機嫌が悪かった。
たった一言「甘い物食べ過ぎない方がいいよ」と言っただけなんだけど。

今日の午後は保健所に結果を聞きに行った。
両方陰性だった。

拍手

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *