忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(870) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(98) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(6) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(43) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
09 2017/10 11
5
8 11
15 16 17 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[159] [158] [157] [156] [155] [153] [152] [151] [149] [148] [147]
2006/10/28 (Sat)
フクはちょっと変わったクセがある。
それは体の背に手をやると、
姿勢を低くしてペタンとなってしまうこと。
でも、それはノドをゴロゴロ鳴らしてリラックス?している感じ。

ただ床に伏せているだけならおかしくないのだが
後ろ足がかなりペタンコになっているので
まるでカエルみたいになっているみたいでおかしい。

もしかしたら、この姿勢は私のせいかもしれない。
というのも、保護した時に(ケガと衰弱で動けなかった)フクの背に
私はよく手をあてていたからだ。
また、「よ~しよし」といいつつ、体を低くさせてたから
それが形になってしまったのかも。

以前のネコはそんなことしなかったからなあ・・・
ちょっと文章ではわかりにくいけどね。

それからフクは自分が「フク」という名前であることをわかっているのか不明である。
もう1年もなるのに、フクは呼んでも来ない。
知らん顔している。
なので母なんかは「アホや」とか言う始末。

そのくせ相手にしてほしいときはうるさいほど鳴く。
私の声が家の中から聞こえてきても鳴く。
条件反射なんだろうか。

そんで今朝のことだが。
私は家で父を探していた。
外に出てしまったんだろうが、中から呼んでみた。
「お父さ~ん」
「お父さ~ん!!」

そしたら、父よりも返事をしたのはフクだ。
テラスの方から「にゃ~んv」

「お父さ~ん」
「にゃ~」
「お父さ~ん!!」
「にゃ~」

そのタイミングがおかしくて
思わず私はテラスに出るや
戸の前にいたフクをガシッとつかんで顔をつけて言った。

「お前は『お父さん』かーっ!!
『お父さん』って名前がよかったんかー!?」

しかし、フクはそこで
「にゃ~」とは言わなかった。(完)

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *