忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(851) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(91) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(5) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(97) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(13) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(11) * 近隣トラブル(19) * 母(75) * 家計簿(7)
  カレンダー
06 2017/07 08
1
3 5 7 8
9 10 11 12 15
16 19 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  最近の記事
(07/22)
(07/22)
(07/21)
(07/18)
(07/17)
(07/14)
(07/13)
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1592] [1586] [1583] [1582] [1584] [1581] [1580] [1579] [1578] [1577] [1576]
2015/02/24 (Tue)
今日は雨も降らず、風もなく、気温も高い。
これを逃してはまたいつ母が出かける気になるか
ということで、やっとT神社へ連れて行くことができた。

なんかお札が欲しくて仕方がなかったらしい。
デイで一度神社に行ったのに、賽銭だけしかできなかったらしいし。
で、今まで下の鳥居しか行ったことがなかったけど
今日は体の不自由な母を連れて、なので
どこまで行けるかなあと思っていた。
本殿に沿って舗装された車道があるのは知っていたけど、
のぼるのはいいが、Uターンできる場所があるのか気になって。

でも、とりあえず行ってみたら
いつのまにか(T神社に行かなくなって3年)
車いすマークのついた場所が本殿の近くに出来ていて
なんとか車の駐車スペースができていた。
しかも、今日は混み合ってなかったので、特に苦もなく駐車できてよかった。

本当は鳥居でクリーンにするらしいけど、仕方がない。
鳥居をくぐらず、横から本殿に入るしかないから。
本殿まではシルバーカーを押していき、先に目的のお札を母が。
とはいえ、支払いは私が準備するのだが。
家内安全というか、神社のお札と
厄除けのお札と、母と私の御守り
あれ?私の御守りって・・・?
買ったのに行方不明だわ~
(まあ、母が買えっていうから買っただけだけどもったいない)
あと塩と合計で3500円
寄付みたいだから、レシートないんだよねえ

で、帰りには地元の神社も寄ってお参りして
その後、記憶が曖昧な山林の場所を母に教えてもらって

もう1つのほうも行きたかったけど母が「えらい」とか「前に行った時に来なかったせいや」と拒否したので、 代わりに田へ連れて行き、現状を説明。

終わったと思って帰ったら、母が墓参りがどうのこうのというので
また御供えの花・・・はないので、猫柳を束にして
お墓参りに1人で行って(徒歩)
そのついでに、今まで行ったことがなかった墓の上のほうもあがっていったが
こんな急だとは思わなかった。
これでは母も行けないだろう。
 おそらくもう1つの山林の上のほうだろうと見当をつけて奥へ歩いていった。
しかし、昔連れて来てもらった時は
なんとなく車でも行けた道があったような気がしたが
今は土をとって山を削ったために、歩道の分しか幅がないし
山の片方が削れて絶壁になっているからちょっと怖い。
でも、なんとなく見たことがあるような光景。
なので、そこで一旦歩みを留め、逆戻り。
また下って、今度はぐるりと回って田の方へ行き
下から山林を見ることにした。
そもそも、そちらの田も耕地整理をしてから、いまいちどこも似たような風景で
場所がわかりづらい。
とりあえず、母の話からここかなあと、 田の印にしてあるという木を写真に撮って
たぶんあそこらへんというとこから山に入って、のぼってみたらやはり、あの絶壁に出た。
 目安はついたけど、やっぱどこからどこまでなのか、はっきりわからないな
まあ、いいや。よほどのことがない限り、誰も行ってこないだろうから。
でも、思ったより下草が生えてなくてよかった。
(母いはく、日が当たらないから、らしい。確かに上のほうは生えていたな)
たしか前は父が亡くなる前に死んでしまったフクを埋めた時に来たんだよなあ
もうどこに埋めたのかわからなくなってしまったけど。
ごめんな、フク
なかなか来れなくて。

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *