忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(881) * 生活&夢の話(135) * 健康・病気・病院・心(98) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(7) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(49) * 母(80) * 家計簿(7)
  カレンダー
11 2017/12 01
2
3 4 5 6 7 8
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1893] [1892] [1891] [1890] [1886] [1885] [1884] [1883] [1882] [1880] [1879]
2016/06/17 (Fri)
母のデイサービスの日
ずっと寝てばかりでなかなかできなかった母の敷き毛布をようやくはぎ取った。
それはいいのだが、母の敷き毛布は毎回砂埃だらけだ。
なぜこんなに砂埃が多いのかと思うが
たぶん外に出たままの格好で寝てしまうからだろう。
昔ほどではないが、今でも庭で土いじりをすることがあるから。
そのため、掃除機で吸い取ると毎回多くの埃が。
そんな敷き毛布をはぎ取ったせいか、
その直後に私は左足に痛みを感じた。
何か物が刺さったような?
普段はスリッパを履いているが
母の部屋は畳仕様なので(ホントの畳じゃないけど)
裸足でいたのが悪かったのだけど・・・
見てみると血がじわ~っとにじんできた。
しかし、指ならともかく足の裏は見にくいし、確認しにくい。
どこに何が刺さったのかもわからない。
しかし、とりあえず刺さったのなら抜かないといけない。
そう思ってネットで調べてみたらいくつか民間療法が載っていた。
5円玉で押して浮き上がらせる方法。
これって固い足の裏では全くダメだった。
あとはハチミツを塗ったり、梅干しの皮を貼ったり。
ちょうど土産でハチミツをいただいたばかりだったので
塗ってみたが(10分ほどでいいというが)全く変わらず。
次に梅干しの肉を2回ほど数時間貼ってみたが、やはりダメだった。
っていうか、塩で痛い気がした。
しかし、梅干しの赤い色素によって染まった足の裏は患部の場所が特定できた。
黒い点が見えるようになったが、それが刺さった物か血の跡かわからない。

仕方がないので、翌朝念のために病院へ行くことにした。
母の通院しているクリニックは外科もかねているから。
(なので、母の爪とまちがえられる)
そこでピンセットでほじくってもらったようだが、
医師も抜けた感覚はなさそうで。
とりあえず皮膚を少しはぎとった感じで様子見となった。

でも、帰宅後やはり時々痛むので、もしかしたらまだ入って居るのかもしれないが
イボイボスリッパはやめて、普通の布スリッパに替えてみた。

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *