忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(848) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(91) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(5) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(26) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(97) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(13) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(11) * 近隣トラブル(12) * 母(75) * 家計簿(7)
  カレンダー
05 2017/06 07
2 3
4 6 7 9 10
11 12 14 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[445] [444] [443] [442] [441] [440] [439] [438] [437] [436] [434]
2011/02/19 (Sat)
http://hukuhuku.blog.shinobi.jp/Entry/427/

↑「つきあいのいい奴」関連の記事です。

うちのネコは元々野良で、保護した時に飼えるとは思ってなかったし
臭かったので、小さいころから抱き癖はつけませんでした。

(エプロンをつけた時だけ
ひざの上に乗ってもいいんだと覚えたみたいです)

その代わりといっちゃなんですが、
肩にはよく乗ります。
特に冬の寒い日なんか防寒がわりに乗ってきますね。

最初はネコトイレの砂を変えている時にかがみこんでいると
後ろからヒョイ。
次に、キャットフードを皿に入れている時に腰を折っていると
後ろからヒョイ。(エサよりも乗るほうがいいらしい)

で、この冬覚えてしまったのが
ヒトさまのトイレの中にうまく入り込んだ時に
(注:洋便器である)
当初は足元に座って満足げだったのが
いつのまにかヒトが便座に座っていると
肩に飛び乗るようになってしまい
重いです・・・
6キロ以上あるかも。

想像してみてください。
ネコを肩にのせたまま
便座に座っている様子・・・

そんな感じでこの冬は
肩のりネコのまま家の中に入れたこともありました。
・・・が、
外(テラス)なら外気で寒いから肩にのったままおとなしいですが
そのまま家の中にはいると
興味しんしんで(ふだん中に入れないから)
あっちキョロキョロこっちキョロキョロと落ち着きなく
しまいには肩から降りようとするので
そこでゲームオーバー。
テラスへ戻します。

そんなことを繰り返していたのですが・・・

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
拍手ありがとうv
あやか 2014/01/30(Thu)08:50:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *