忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(855) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(91) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(5) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(97) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(12) * 近隣トラブル(21) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
07 2017/08 09
1 2 4
7 8 9 10 11
13 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
2012/03/31 (Sat)
あれから雨の日も風の日も我が家に来る野良・鼻黒。

父が入院してから私はお昼前に出かけるので
その前しか相手をしてやれない。

それはともかく。野良のせいかいまいち鼻黒は表情が読めない。
お腹がすいているのか、いないのか。
その態度でわかるけれど
お腹がすいている感じではないのに
すぐ去らないのはどういうわけだろう?

今日出かける時にギョッとした。
なぜって、洗濯で干しておいたバスタオルが落ちていて
その上で鼻黒が寝ころんでくつろいでいたから。
思わずギャー!と叫んで、バスタオルを取り上げる。

ここでも反応がいまいち。
怒られたことも何でもないようにのんびりとしているのだ。
逃げるとか、びくびくするとかしないのはこれ如何に。
よほどなめられているのだろうか

拍手

PR
2012/03/07 (Wed)
あれから鼻黒はわりと出没しています。
3日ほど来なくて心配したのだけど
その後、顔を見たら何か綺麗になっていて
風邪も治っていたみたいだからよかった

もう発情期も終わったのか、猫の姿も少なくなった
黒の白足袋猫もあまりみないなあ
あの猫は近づくと逃げるしね

で、ようやく風邪が治った鼻黒なのに
先日濡れてしまうのに雨の日にやってきて
「また風邪をひかないといいのに」と心配していたら
案の定、今日は再び鼻水を飛ばしていた
さすがに居間のガラスに飛ばされたのが2回目とあって
汚くてガラスをふいた
自分の鼻水がヒゲについていても気にならないんだねえ

拍手

2012/02/15 (Wed)
私も体調不良で
昨日はきつかったが
鼻黒猫もこの2日、風邪をひいたみたいで
くしゃみと鼻水がひどいようだ
ブシュン・ブシュンと鼻水を散らすので近寄れない

ちなみに、最近白足袋の黒猫が家の周りにくるのだけど
鼻黒が威嚇しないのが不思議~
メス猫でお相手だから?それとも発情期だから?

拍手

2012/02/14 (Tue)
父の病のことで
いっぺんにフクを失った悲しさが吹き飛んでしまった感じがするけれど
(とにかく考えることが多くて頭がパニック)

こんなことを言ったらあれだけど
フクはずっと父を守ってくれていたんじゃないかな
がんばって守ってくれてたけど力尽きて・・・

だから父の病気が発症したのかもしれない・・・なんて
考えすぎかな
だって、同じ年なんだよ
それにフク、父が好きだったし

できることなら、フク。
天国からお父さんを守って!!

拍手

2012/02/11 (Sat)
いつもなら、きまぐれな猫のことだが
今回は父の検査の関係で3日間も病院に行きっぱなしだったので
その間、ネコを見ることはできなかった。
2日目は午後に帰って来たのだけど夕方来なかったし
でも、来た形跡はあったのでちょっとマシだったんだけど

あ~今日も猫が見れなかった~と叫んでいた。

んで、いったん検査入院が終わったんで、ようやく家でゆっくりできた父と私。
朝から猫、来るかな~と気になったり。
ようやく昼前に来て、それから久しぶりの対面のせいか
日向ぼっこというか、毛づくろいでかなり長い間くつろいでいた

ちなみに最近よく見るのが黒くて足の先だけ白い猫。
母が、そいつと、前見たさび色のネコと交尾していたらしい。

しかし、父は一方で、鼻黒と、黒の白足袋と一緒に座っていたのを見たという。

う~ん、カップルが重なってるんですかね??

でも、私は鼻黒が2匹一緒のところはみたことないんですよ。残念

拍手

2012/02/05 (Sun)
最近鼻黒との遭遇がなかなかすれ違ってると思ったら
どうやら発情の前兆だったかもしれない
スプレー行動もしてたしな

今日は2回ぐらい家の前を通って
たぶん私にも気付いたはずなのに
いつもと違うアオンアオンという声を出してスルーしていった
メスを探してさまよっているのだろうか

猫はオスには発情する時期は決まってなくて
メスが年に2~3回発情期があって、メスが発情するとオスが反応するようになるらしい
こういうと父なんか「メスのほうがスケベなんか」って(スケベって死語だよ)言うけど
でも、オスは子供が生まれてもメスに任せきりで子育てしないというし
まあ、本能だけでふらふらと行動してるんだろうな~
人間みたい年中じゃないからいいよね

それはさておき、その鼻黒ですが
私は見てないのでわかりませんが
父が目撃したところによると、2匹一緒に歩いてきたそうな。
でも、途中でその猫は去っていき、鼻黒だけがうちへ来たらしい。
う~ん・・・鼻黒はもしかしてメス猫をゲットしたんだろうか。

まあ、野良猫の世界に口出す気はないが
メス猫とかが子猫をつれてくるとやばいかもなあ・・・
とはいえ、そのメス猫かもしれない相手はうちでは見かけないけどね

拍手

2012/02/02 (Thu)
ここ数日雪空です。
昔に比べればそれほど積もることはなくなりましたが
山なので雪は降ります。
だからといって雪が好きなわけではありません。
暖かい部屋で雪景色を見るとか、真っ白な地面に足跡をつけるとかは好きですが
基本寒いのは苦手だし、車の運転も危険なのであんまり好きじゃないです。
降るのはいいけど積もらないでって感じですね。

1匹目の猫が死んだ時
通勤途中で吹雪の中を走っていると、どうしようもなく悲しくて仕方がなかった。

2匹目のフクが死んだ時は
幸い家の中にいるので、そんな気持ちになることはないけれど
あ~フクが子猫の時は、テラスで雪をはじめて見てはしゃいでたな~とか
真っ白な景色を見るにつけても、一度この景色を見せたかったな~とか
そんなことを思います。

さて、最近の鼻黒ですが
どうもタイミングがあいません。
ていうか、基本猫はきまぐれなので
毎日来てるかと思ったら今日は来なくて、
来ないのかと思ったら来たりして
1日2回来る時や1回来る時と、行動が読めない

でも、やっぱ慣れてきたのか
こんな雪の降る日でも来てくれると
「こんな寒い日に来てくれたんだ~」と優しくしたくなるんですが

一方、オス特有?のスプレー行動をうちのテラスにしていきやがったんで
やっぱ去勢してない成猫のオスはイヤだ~とか思ったりした

よかった、フクはあんなことしなくて。
やっぱ小さい時に手術するほうがいいよね

拍手

2012/01/26 (Thu)
「レイキ」のカテゴリーと重なるがこちらに書いておく。

1月22日のこと。寝る前に初めてレイキで遠隔の練習をしようと思った。
正直まだシンボルも学習中なので出来るとは思ってなかったが、試してみたのだ。
ちなみに、私は遠隔ヒーリングというと
ネットで見る限り、現在の相手に対するものだと思っていたが
遠隔ヒーリングは、「人・物・場所」でも「現在・過去・未来」でもいいというのは初耳だった。

そんなわけで、対象に思いついたのが、数ヶ月前に死んでしまった猫のフクだった。
今思うと、無謀だったと思う。
でも、過去を癒せたら・・・と思いながらやってみたのだ。
フクの姿をイメージして、癒す動作をして・・・でもやっぱダメだった。
目を閉じて触れるようにしていたら「ぶわっ」と涙があふれてまたまた号泣してしまったのだ。

はっきりいって、自分の方が癒しが必要だとは承知していたが
無心で冷静になれないのでは難しいようだ。
目の前で触れているよりも、イメージのほうが感情が左右される気がする。
これなら他人のほうがやりやすいのではないだろうか?

マスターいはく
「ヒーリングをしてみよう」と試みただけでも、必ずほんの少しでもヒーリングは行われているらしいので
少し救われた

もう少し力をつけてから、またトライしてみようと思ったけど
好転反応なのか知らないが
無性にフクを思い出して涙を流すことが多い

拍手

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *