忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(848) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(91) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(5) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(26) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(97) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(13) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(11) * 近隣トラブル(12) * 母(75) * 家計簿(7)
  カレンダー
05 2017/06 07
2 3
4 6 7 9 10
11 12 14 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1] [2]
2008/12/20 (Sat)

新聞やTVで、なんとか賞をとった映画のこととか、納棺師のこととか紹介してて
見てみたいな~と思ってました。
でも、当初県内では近場の映画館で公開されずにちぇ~っって思ってたんですけど
最近になって近場の映画館に来てることを知りました。
しかし、知ったころにはすでに1日1回という上映回数。
これはもう公開期間が短いなと思ったんですが
案の定、12月18日までだったんですよ。

で、実際見に行ったのが17日。まさにギリギリ~
しかも、その17日お休みをもらっていたのに
バイトさんがいきなり急用ができて出勤できないと連絡が入り、
あわや休みが消えるかも・・・と思ったんですが。
(っていうか、普通なら上司がいるから問題ないんだろうけど
上司は仕事ができないんですよ・・・トホホ~)
それでもバイトさんの急用も仕方ないことだし
かといってこちらも予定が入ってるし、もう時間もないし・・・
今回父を誘ったので(前回投稿を読んでちょ)
もし、映画に行けなくなったと知ったら内心父もがっかりするかも・・・と思って
仕方がないんで、時間休っていうの?遅がけに顔を出すことにしました。
(つまり映画を見てから夕方出勤、だるだる~)

そんな風にして見に行った「おくりびと」
公開期限のわりには思ったより人は少なく(だから平日を狙ったのだけど)
かといって、指定席の周りは人が埋まっていた。

う~ん、チェロ奏者から納棺師の転職はあっさりしてましたね~
チェロがひけない、楽団が解散したからって
なんで田舎に帰ろうとするんだろう?
そこで仕事を探さないのだろうか?などと素朴な疑問。
しかし、田舎に帰らなければ話は進まない(苦笑)
しかも、奥さんが結構軽いっていうか、前向きだよな・・・
(これは全体的に言えるのだけど、どーも奥さんが浮いてる気がします。
やはり田舎くさくないのはそうなのだけど、生活感がないというか)

で、田舎に母の残した家に住み始める夫婦。
何年も帰ってないわりに案外住める状態の家。
(実際は住むようにするの、掃除とか大変だったんじゃないかな~と
自分の家を思い浮かべる私だった)

で、主人公。新たな職場を見つけるが・・・
思いがけない「旅立ち」のお手伝い。
しかも、よりによってしょっぱなから(おそらく)腐乱死体。
(しかし、あれ、警察の仕事じゃないのかね?)
監察医とか通さないのかな~
思わず吐き気をもよおす主人公。
一方、彼の仕事を知らない奥さんが用意した食事に、またもや吐き気が。
(私ももともと肉もほとんど食べないし、グロイのキライだからわかる気もする)
しかし!
たしかにとんでもない死体を見て触った恐怖におののいたのだろうけど
何が驚いたって、
主人公が奥さんの体を求めてしまったこと。
見ながらどっひ~!!とか思いましたよ。
(しかも、父とみてるから余計に汗、汗・・・)
こ、こーいう場面がある映画だったのか~と焦りました。
しかも、胸をもむ、服はぬがす、下もぬがそうとしてパンツがみえる。
ちょっと衝撃だったかも。
(いや、そーいう場面があるとも思ってなかったので、びっくりしただけ)
まあ、途中で場面転換があったけど
う~ん・・・あれはちと生々しかったな。
しかも、その後奥さん妊娠したらしいし。
まさに生(性)と死?・・・生殖自体生きることだしな。

ま、それはともかく、ショッキングな職場にやめようとしつつ
ズルズルと味のある社長にひきずられ?
主人公はいくつものお葬式に出会う。
いろんないろんな人生劇場。
そうしてだんだんと納棺師として成長してゆくのだけど。

子供のころ愛人と逃げた父親への憎しみとか思いだしたり・・・
石文・・・解釈が難しそうだ。

途中で奥さんに仕事のことが発覚して別居となったり・・・
かと思うと、奥さんあっさり戻ってきたりして・・・(よくわからん)

「けがらわしい!」とか言ってたなあ。
たしかに大きな声では言いにくいかもしれないけど
でも食べるためだったら仕方ないじゃん。
たぶん奥さんは自分も仕事を持ってるから言えたセリフかもしれない。
もし、ダンナさんが家庭を養ってたら、そんなことを言える余裕はないと思う。
人のできない仕事をやってるのって大変だと思う。
人のやらないことをしてる人がいて、回っていく仕事もあるのにな。

幼馴染からもうしろ指さされるような仕事だと思われてたけど
その幼馴染の母の死をきっかけに
主人公が納棺の儀を行って、その様を見て
幼馴染や奥さんにも理解してもらえたらしい。(めでたし)

そうして一方伏線があった行方不明の父親が・・・
で、最後に続くのだけど
「主人は納棺師なんです」
で、決める奥さん。
あの石を握ってたっていうのは出来すぎだね。
(まあ、ドラマだし)
でも、あれがラストなんてちょっと拍子ぬけた。
まだ、話が続くのかと思ったので。

印象に残ったのは食べるところ。

食べる、食べる、食べる。
生きること=食べるみたいに。

すでに生きていないものを食べる。
遺体を食べる。命を食べる。
社長の言葉が印象的。
「困ったことにうまいんだ」

(上にも書いたけど、私は肉はほとんど食べないし、一般的に美味で高級といわれるものも食べないし。
カレーに肉が入ってなくても平気だし。肉を食べなくても平気だし。
社長の言葉でいうなら、たぶん本当においしいものは食べたことがないと思う。
「こんなにおいしいのに、可哀想」と言われるかもしれないけど、それでもいいと思う)

それと、
遺族の人が「あんたらは死人でメシくってんだろ」と皮肉をいってたのに
納棺の儀のあと、「ありがとう」と言ったこと。

時折、涙が何度もこぼれたけど
ぶわっと泣くようなこともなく
ただただ静かな映画でした。

なので、「感動した!!」という感じじゃないですが
どうしても避けて通れない死を、身近に感じて見つめ直すことのできる
うん、なんかいい感じじゃない?みたいな映画でした。

年取った父と見たのは微妙でしたけど。
後で父が「お前、葬式の映画が見たかったんか?」って。(汗)
でも、私以外にも年取った両親と子って感じの人も見に来てたよ。
どんな感想をもったのかな~

拍手

PR
2008/10/13 (Mon)
こないだの土曜日にTVで初めて見ました。
ところどころ泣けました~
やっぱ何も知識なくて見るのが一番だよね。

この映画は
実話をもとにっていうのがね
やっぱミソですね。
だって最初タイトルだけじゃなんでフラダンス?とか思ったし。

だけど、映画の中のダンスは
ただの趣味とか、目標とかじゃなくて
生きるためのすべで
家族のために踊らなくてはいけなくなるというのが
今じゃなかなか考えられない当時の時代背景を物語っていると思います。

だもんで、監督さんは生粋の日本人じゃないみたいなのだけど(違ってたらすみません)
どうしてこの題材を選んだのか気になります。
パンフレットには書いてあるのかな~
公式サイト見たけど、何も書いてなかったし。

ラストで「平山まどか」は今でも教えている・・・という文にびっくりしました。
(でも、脚色はあったみたいだけどね~)

一番泣けたのは
早苗ちゃんのお別れ場面。
最初あの子が主役かな~って思わせといて
実は・・・って流れなのだけど
ひどいよ、父ちゃん。
髪まで切るなんてさ。
(風呂場に乗り込んでったまどか先生もすごいけど)

あと、胸がズキズキしたのは
まどかが地元の人たちに責められるところ。
「そよもんにゃ、おれたちの気持ちはわかんねーよ」
これは聞いててキツイです。
こういうなわばり意識が強いのも考えものですね。
私はあまり他人が好きではないですが
地域が排他的に言うよそもん」って言葉はあんまり好きじゃないです。

それと、TV放映だからやっぱちょっとはカットされてるんだろうね~
村の人から責められた時
なんで生徒たちは「それは違うよ」って言ってくれなかったんだろう?
カットされてたの?
そんで、あの真紀子の兄(豊川)はヤクザとケンカしてどうなったの?
気になります。

とか、いろいろ思うことはあるのだけど。

うん、この映画を見るとハワイアンセンターに行きたくなるし
フラに興味をもっておかしくないね。
いい映画でしたv見てよかったです。
しかし、最近「~ボーイ」「~ガール」なタイトル多いかな。



余談1)「おくりびと」も見たいんだけどさ~
なんでか近くで上映してくれないんだよ。ちぇ~

余談2)昔出会ったフラダンスの先生はめちゃ高ピーでした。
知ってるって言っても、実際の教室は知らないですよ?
単なるお客さんです。しかも、特に親しくもない人で。
だけど、電話をとって普通にお名前を伺っただけなのに
「あなた、私のことを知らないの?」みたいなニュアンスでいきなり叱られたことがあります。
知るわけじないじゃないですか、なに様だと思ってるんだか。
って内心思いましたよ。
最初その物言いにものすごくショックを受けたのですが
ずっといる後輩から「あの人はああいう人なんで」と聞いて
少し浮上しましたけど、当時は落ち込みました。
今はもう会うこともないんで心からよかったです。(ホッ)

拍手

2008/03/30 (Sun)
なんか久しぶりに映画見たなあ・・・
結局見に行ってきました。
手紙好きだしね。

行く前にちょっと情報を仕入れといたんだけど。

でも、あんまり人気ないのかな~
レヴューとかもあんまりないし。試写会のほうが多いってどうよ?
興行成績もよくないみたいだけど。
でも、一方ぴあの満足度は週間TOPだったみたいで「??」となる私。

たぶん、宣伝がたらないのかな?ていうか、私CMも見てないし。
それとも、民営化の宣伝だと思われてるのかもね。
だけど、私が読んだみなさんのレビューにはおおむね好評だった気がするよ。
おかしい部分もあるみたいだけどさ(苦笑)
なんでも、自転車で長距離走ったり、手紙を勝手に持ち出して配達するらしい。
「くさい」「ベタな展開」「いい人間ばかり」という意見もある一方
気になったのが「期待はしてなかったんだけど」「予想よりもよかった」
という声があって。
てことは、映画館に足を運ぶまでが重くて、いざ見たらよかった?ってことなのかな。

とか思いつつ、実際見たわけだけど。

やっぱくさかったです。そりゃあもう(笑)
ところどころ「ありえないでしょ・・・」と思う場面もあって。(つっこみどころ満載)
でも、ところどころクスリと笑う場面あり、思わずホロリとくる場面もあり。
総合的にはまあよかったんじゃないかな~と思います。
郵便の話っていうより、郵便を通した家族・恋人・友人・・・人の触れ合い・絆の話ですね。
ちなみに時計を気にするとか、長いとは感じませんでした。
当初のカメラワークが主人公のあとをついていく感じだったので酔いそうでした。
たしかに景色はいいところでしたね~

自分的に「しまったな~」って思ったのは、
先にネタバレな情報を仕入れてしまったこと。
まあ、他人さまのブログを読んでたら自然とそうなったんだけど
これは頭を真っ白にしてみたほうが、もっとよかったなと思いました。
だから、「期待してなかったんだけど」「意外にも」って人が多かったのかもしれない。
なので、この映画を見るポイントは素直な気持ちで見ることかもしれません。
余計な情報があると返って邪魔です。

なので、あまり詳しくは書かないですけど。
娘の女の子、可愛かった。弟も可愛かった。
脇役の(豪勢な)俳優さんもよかった。
つっぱりゆうメイトくんと耳の聞こえない少女のほんわか恋物語?もくさいほど笑えたし。

「泣ける映画かも」ということも頭にあったので
それこそ「ほんとに泣けるのかな?」という邪魔な思考があったため
ちょっと構えてたんだけど、それでも2~3回涙がほろりと出てしまったところがあった。

なんでこんなところで?と思ったんだけど
後で思うに、みんな亡くなった妻の回想シーンばかりでした。
妻の死と娘の交通事故
祭りの場面
妻との手紙のやりとり
そして、最期妻の墓前でお弁当を食べたあとが・・・
一番胸がきゅ~としました。
この映画の中にはいろんな要素が含まれていますが
私は、最期のアレで主人公の妻への想いが一番強く、切なく感じたかな。

拍手

2006/10/05 (Thu)
最近というか、ちょっと前から
私はTONOさんのマンガにハマっている。
(今まで読みたかったけど機会がなかったんだよ)

可愛い女の子は出てるし、かっこいい男の子は出てるし
お姫様や王子様がたくさん出てくる
「カルバニア物語」が1番好きだったのだが
少しずつ買っていったので今はそろえてしまって一段落。

でもって、
「ダスクストーリー」や「カレンのファスナー」とか
「ラビット・ハンティング」とか「砂~」とか
短編集や新刊もチラホラと買って
今は「チキタ・GUーGUー」を少しずつ買っている。

どうでもいいけど結構高いんだけどね。
1冊800円もするんだけど、
でも、面白いから続きを買ってる。

で、今5巻まで発売してるのかな?
まだ3巻までしか読んでないんだけど。

この話がさ~、一応ホラーな雑誌に連載されてるらしいんで
怖いのよ。血や死体がたくさん出るの。
でも絵は可愛いのでそれほど視的には怖くないわけ。
でも、人食いの話でね。
「人を食う妖」が、まずい人間チキタを100年飼育してから食べようとしている話なんだけど、これがまたいろいろあって・・・

1話から主人公の家族が、人食いに食べられてしまって
その人食いと生活しているとか、
最初はシュールだな~なんて思ったけど、
(あちこちドロドロした話や禁断の話はあるんだけど)
それでも、ちょっぴり切ないんだよね・・・

細かいストーリーは書けないんだけど、
2巻でまず衝撃だったのは(主人公じゃないんだけど)
登場人物のクリップとオルグの過去。

食べるために飼育していた人間クリップを
いつしか食べられなくなってしまった妖オルグが
日に日に衰えて、ついには杖のような姿に変わり果てる。
そして人間だったクりップは
そのオルグと過ごした時間を幸福だと思ってて、
いつ食べられてもいいって思ってて
それなのに、オルグは話をすることも動くこともできなくなっていた。
クリップはもう一度、オルグと会いたくて話したくて
オルグをなんとか元通りにしようと
かなり長い時間をさまよっていた。

で、同じような関係の主人公たちにつきあうようになったのだが

そんななか、ある事件でクリップが殺されようとしたとき、
ほんの1瞬だけオルグは元の姿にもどってクリップを助けたのだ。

けれど、会えたのはほんのひと時。
何十年も待って・・・ほんの一瞬。

それでも
その一瞬に元に戻ったオルグはリップに飛びつき、こう言ったのだ。

「クリップ、クリップ。大好き、大好き」
(その姿はリスのように可愛いv)

それだけ言って
またオルグは
杖に戻ってしまっていた。

・・・・・

今の時期(自分が)ナーバスになってるとはいえ、
切なくて泣けた・・・(T_T)

拍手

2006/07/31 (Mon)
今回は無料動画で見たレビューです。

私は初期のアンジェリークゲームのファンで、金髪アンジェ(いわゆる神鳥の女王)が大好きv
なので、主人公がエンジュのアニメ化といってもあまり見るのは
はっきり言って気が進まなかったんだけど。
今回いい機会なので視聴させていただきました。

やはり他の皆さんのレヴューに書いてあったように「神鳥の宇宙の女王」「聖獣の宇宙の女王」といっても、初めての方は設定もよくわからないんじゃないかなあ。

キャラの絵は正直OAVと比べると平坦な気がしてがっかり。
(女の子の顔は可愛いんだけど、やはり守護聖さまの顔がヘンすぎる)また皆さんが「キラキラしている」と書いてあったので首をかしげていたのですが、視聴して納得。大笑いしたよ。
あれはか~な~り不自然なキラキラ(苦笑)

また集められた少女たち自身が「成績優秀・容姿端麗の美少女ばかりね」と言っているのがおかしかった。

主人公エンジュは最初だからか、印象も声もあまりいい感じはしなかったなあ。愛を知らないということなんで、昔の魔法少女みたいにこれから愛を増やしていくのかなあ。
「エトワール」のゲームはやってないので、まずは新鮮な気持ちで見れるのは確かだけど・・・。
(別の話だと思ったほうがいいですな(ーー;)

拍手

2006/05/21 (Sun)
19日にようやく12巻を買った。
1冊1100円のコミックス(高い)
でも、面白い。
いつもながら1巻から今までをおさらいしないと読めない本だ。
発売する間隔も長いけど、
物語の時代が前後するから余計ややこしい。
加えて登場人物の多さと
登場人物の裏が多すぎる。
これとこれと同一人物とかいうのが多くて頭がウニ。
でも、好きだから読んでるのさv

フィルモアのダイ・グ。かっこいいよね~v
しかし、ラキシスの柱をかじるって・・・(汗)

拍手

2006/03/05 (Sun)
2005.12.6

アニメ映画「あらしのよるに」を見た。

私はどっちかというと突発的に映画を見る。
公開前から楽しみにしていたとか、キャストが誰だとかあまり気にしない。
ただ、人が多いときには見に行きたくない。
なので、ほとんど平日に休みがとれた時ぐらいしか見ないのだ。
以前サービスデーで1日に3本見たこともある。
まあ、その時の気分次第で変更も可能だ。
で、ハリポタの新作もやってて、それも見たかったんだけど、その時は「あらしのよるに」が優先だった。

ちなみに私は、この映画が始まる前から私は泣いていた。

拍手

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *