忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(851) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(91) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(5) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(97) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(13) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(11) * 近隣トラブル(19) * 母(75) * 家計簿(7)
  カレンダー
06 2017/07 08
1
3 5 7 8
9 10 11 12 15
16 19 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  最近の記事
(07/22)
(07/22)
(07/21)
(07/18)
(07/17)
(07/14)
(07/13)
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[341] [340] [339] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329]
2009/02/28 (Sat)
グチから入ります。
また気分がブルーになってます。
営業ができなくて(というか大嫌いで、成績悪くて)憂鬱で仕事やめたい病になってます。
営業しなくていい仕事につきたい・・・
人に会わない仕事がいい。

しかも、ムカつくことに職場では
上司が自分個人の試験勉強ばかりして営業のことなんかこれっぽっちも口に出さなかったのに
月末になって「1つは契約欲しかったなあ」って・・・言うんです。
そりゃ「やれやれ」言うばかりの上司もアレですが
平然と勤務中にテキスト開いて自分の勉強だけをしていた人には言われたくないというか
バカバカしいというかムカつきます。

さらに家族とも口を聞かない状況がかれこれ1か月ほど続いてます。

そんなわけで悪いことをついつい考えてしまうので
休日は眠くなるまで時間をつぶします。
そして寝てしまったらもう目覚めなければいいのにとか朝が来なければいいのにと思います。

まあ、そんなこんなで精神上悪いんで
前向きでいいことを無理やり口に出したり(言葉だけですが)
で、たまに気分転換にネコに相手になってもらってます(苦笑)

そのネコ(フク)ですが
最近また癖ができました。
前に書いた癖は、しゃがむと股の間に入っておしりを向け、そのおしりをペンペン叩くと
ウニャウニャ鳴くこと。
んで、今度の癖は夜ネコトイレのフンの始末をしている時に
決まって肩の上に乗ってくること。
これが日課のようになっている。
なので、肩にネコを乗せたままクソの始末をしているのである。

さて、フクはけっこう人懐こいと思う。
知らない人でもあまり警戒心はないような気がする。
(といっても、知らない人があまりテラスに入ってきたことはないのだが)
たしかに保護した時も噛みつくことはなかったけど(そんな気力もなかったかもだけど)

で、けっこうフクはベッタリな感じなんでとまどってしまう。
というのも、以前飼っていたメスネコはクールだったので
それほど人間にベタベタしていることはなかったように思う。
(そりゃ寒い時はふとんに入ってきてたけど)
・・・そう、ネコは寒いから寄ってくるのもあるよね。
なので、勘ぐってしまうのだ。
こいつ、寒いから寄ってくるだけなんじゃないのか?
都合のいいやつだからじゃないのか。
実際エサやって面倒みてフンの始末もする飼い主って
ネコに使われているよね(苦笑)
エサや猫砂やたまには病院の費用もいるし。
まあ、こっちのメリットなんて可愛いサマを見せてくれるだけ・・・なんだけど。
それで心が和むならいいんだけどさ。

グルグル・・・のどをならして肩にのるネコは
寒いから寄ってくるのかな
それとも飼い主だから?
フクは私が好きかなあ?

帰ってくると鳴いて出迎えてくれるけど
それって遊んでほしいだけだったりするし
別に私じゃなくてもいいんじゃないの?とか思うけど

でも、「おりゃおりゃ~」と体をガシガシ触ってもお腹の毛をさすっても
なんか嬉しそうな気はするのは気のせい?
触って欲しいのか、それとも遊びの一貫なのかな。

たぶんネコが複数いたらまた違うと思う。
ネコどうしで遊べるし
たぶん外で放し飼いだったらまた違うと思う。
何せいろいろなものがあるから飽きないしね。

最近はたまに脱走をはかるけど
この狭い世界で
飼い主しかいないから
仕方ないからつきあってくれてるのかなあと思ってもみる。

つまりは
「お前だけだよ、相手にしてくれるのは」
「迎えに出てくれるのは」
という寂しい人間のつぶやきなのだった。
(そういや、どこかで聞いた話だな。
遅く帰ってきて奥さんは寝てるけど、飼い犬は待っててくれるとか)

ちょっと暖かくなったので
今日は昼間ネコと遊んでいた私。
あ~あ、このまま何もしたくないなあ・・・




拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *