忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(879) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(98) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(7) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(47) * 母(80) * 家計簿(7)
  カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[417] [416] [415] [414] [413] [412] [410] [409] [408] [407] [406]
2010/11/20 (Sat)
久しぶりにフクのことを書きます。

なかなか「ねこ」のカテゴリの100回目って書けなかったねえ。

さて、今回は昔の話に関連してきます。

てなわけで、
2008年の投稿をまず読んでおさらいをば。

http://hukuhuku.blog.shinobi.jp/Entry/321/

その「フク、トイレ水浸し騒動」で、
なんで、トイレが天井まで水浸しになったのか
今もって不明なんですが

今回ちょびっと、なんとな~く他の水浸しについては分かった気がしたんですよ。

それは・・・

寒くなったせいか、
最近フクはトイレに入りたがるんです。

ネコのカテゴリを読み直していただくと何度も書いてきてるのですが

そもそもフクが生活しているのは家の中ではありません。
昔、洗濯干しのために後から父が作ったテラスの中なんです。
なので、全くの屋内でもなく外の空気が入ってくるので冬は寒いです。
で、我が家のメイントイレは(離れにもあるんで)
一度ネコがいるテラスに出てからトイレに入るんですね。
まあ、それも数歩というところなんですが。

なので、トイレに行くたびにフクが待ち構えていたり
トイレの屋根でくつろいでいたりするわけです。

で、家族の隙をみて、フクは家の中に入ろうとしたり
トイレに一緒に入ろうとするのですよ。
ちなみに、一番高齢で扉を閉めるのにどんくさい父の時によく家に入られるので
「絶対ネコになめられてるよな」と言ってます。

それはさておき、フクがトイレに入ろうとする理由なんですけども
おそらく、ですよ?
いつもと違う場所に行きたいとか
人と一緒のところに行きたいとかあるんだろうけども
トイレに入ると、妙にフクは満足してるのですよ。
その証拠に、のどをゴロゴロならすんですよ。
トイレが落ち着くのは人間だけじゃないんでしょうか。

で、以前ならトイレに入るとすぐに
便座から水洗タンクを足がかりにしてトイレの仕切り塀に飛び乗るんですね。
(トイレが2つ内と外と別れて入れるようになってるのです)
ですが、今は水洗タンクの上に、つっぱり棒をつけてトイレットペーパーを置いてるので
おいそれとネコが乗れないようになっています。
無理に乗ると、重さでつっぱり棒がはずれ、恐ろしいことに。
(でも、以前、ネコのせいで便器の中にトイレットペーパーが丸ごと落ちたこともあったな・・・)

なので、仕切り塀の上には乗れなくなったし、
トイレに入ってきても追い出すので、今回は油断をしていました。
フクは便器の後ろに隠れ、
私の手が届かないことをいいことに
ちょっとした隙をついて、便座の上に乗ったのです。
その途端

ウィーン・・・・・と音がして

ジャバジャバジャバジャバ・・・・・・

噴水が・・・・

つまり、お尻を洗う装置ですね。
あのスイッチの上をフクが乗ってしまったわけで。

(そのことを後で他の人に言ったら
今のトイレはお尻がないと水が出ないようになってるんですって?
でも、うちは古いからそんなセンサーはないんですよ)

おかげで、見る見るうちに
(ネコを放りだし慌てて「止」のスイッチを押したのですが)
噴水が前の壁から床まで水浸しに・・・


「あ~あ・・・・」

ため息をつくとともに

私は今まで、お尻のない噴水が(っていうか、私は使ってないんで)
あれほど高く強く飛ぶとは思いませんでしたよ・・・
(父が使ってるんで、「強」とかにしてあったのかも)

そんなわけで、またまた床がべちょべちょになり
新聞紙を敷いて応急処置。

また、やってくれたよな・・・フク。

天井までは飛んでなかったから、依然として昔のは謎だけど
でも、今回のことで、ちょっと水浸しになった理由がわかった気がしたのでした。

で、犯人のフクですが
相変わらず、トイレに入ろうと試みては放り投げられています。

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *