忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(881) * 生活&夢の話(135) * 健康・病気・病院・心(98) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(7) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(49) * 母(80) * 家計簿(7)
  カレンダー
11 2017/12 01
2
3 4 5 6 7 8
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
2006/03/05 (Sun)
2005.12.6

アニメ映画「あらしのよるに」を見た。

私はどっちかというと突発的に映画を見る。
公開前から楽しみにしていたとか、キャストが誰だとかあまり気にしない。
ただ、人が多いときには見に行きたくない。
なので、ほとんど平日に休みがとれた時ぐらいしか見ないのだ。
以前サービスデーで1日に3本見たこともある。
まあ、その時の気分次第で変更も可能だ。
で、ハリポタの新作もやってて、それも見たかったんだけど、その時は「あらしのよるに」が優先だった。

ちなみに私は、この映画が始まる前から私は泣いていた。

なぜなら、「子ぎつねヘレン」の予告をやっていたからだ。
こーいう動物と人間の話は悲しい結末が多いから嫌いだ。
3重苦の子ぎつねヘレン。
原作は「ヘレンの残してくれたもの」だそうだ。(獣医さんの著作らしい)
残してくれたもの・・・短い命・・・
うわ~ん、見たくないよう(T_T)
ほら、予告だけでも泣いてしまったじゃないか。

で、やっと「あらしのよるに」が始まった。この作品は絵本が原作とか。6巻まで出てて、7巻で完結らしい。
しかし私は知らなかった。
ただ新聞の広告で、某人が声をあてているらしいことと、やぎとおおかみの友情の話らしい、ということだけは知った。

で、見たんだけど、
(この先ネタバレ含むので、知りたくない方は読まないように)

しょっぱなからショッキングな場面に遭遇しちゃって、またダ~!(T_T)
まだ映画のタイトルも出てないのにさ。
まあ、自然の掟というか、狼とヤギの関係をはっきり分かりやすくしたんだろうけど、やっぱ母ヤギが子ヤギをかばって狼の群れに立ち向かっていって、結局狼の群れに食べられてしまうというのは、かなりキツイ。

その後もまあ、なんていうかもっとほのぼのとした話かと思っていたら
厳しいやら切ないやらで。
感動っていうか、なんというかむなしさが幾度となく漂いました。
もちろん主人公たちの友情にも泣けましたよ。
仲間の元にも戻れず、友も裏切れず濁流うずまく川に一緒に飛び込む時とかね。
吹雪の中で力尽きそうなヤギを見て、
友達なのにヨダレが出て、お腹が鳴ってしまう狼。
そして「私を食べてください」というヤギ。
「どうして俺は狼なんだよう!!」と泣き叫ぶ狼。
切なかった・・・
そして、彼らを執拗に追う狼の群れが間近に迫り、狼は決意する。
命をかけられるほどの友達がいるって幸せだ。そのヤギの言葉を胸に狼の群れで1匹で立ち向かっていく。

この話は絵本のシリーズをつぎあわせているせいか、何度もこれで終わり?これで終わり?これがラストなの?と気が抜けなかった。
だって、必ずしもハッピーエンドとは限らない。

だから、ラストで狼がヤギの体をひきずっていく姿は衝撃だった。
今まで友達だったヤギにむかって「お前を食う」といった狼。
これで終わり?うわ、きっつ~
とか思ったけど、そうじゃなくてそのへんはすくわれたけど、私の心の中ではやっぱ厳しさが一番強く残ったなあ・・・
微妙だ。複雑って言葉でもいい。

ただ、あとで公式HPを見て原作者の話を聞いて、納得したことがある。それは作者は6巻で終わるつもりだったらしい。
詳しく言えば1話限りの話だったが、読者の希望により続きができたそうだ。それでも作者の中には「いかにアンハッピーで終わるか」が頭にあったそうだ。
種族の違う食うか食われるか者どうしの友情にハッピーエンドはありえないでしょ、と作者の言葉を読んだときは、「はっきり言い切るなあ」と思った。
だから、6巻のラストは(あとで私も本屋で読んだけど)狼は裏切り者として仲間に襲われ、なだれの中に消えてしまう。そして、そんなことを知らないヤギは、山のむこうにある緑の森を発見し、来ない狼を呼んで終わり・・・という感じだ。
たしかにこれでは読者も納得いかないだろう。
たくさんの声が原作者や出版社に届いたそうだ。「続きを書いて」「狼は死んだの?」サイン会でも子供に泣いて頼まれたそうだ。
それで、今回7巻を書いて本当の完結としたらしい。それが映画で描かれたという。
だから、私としてはこの映画はほのぼのとして心温まる話ではないと思う。
でも、泣けるし、そうなればいいという理想がたくさんある。
だから、見て損することはないと思うし、見て欲しいなと思う。
私は帰って母に「こーいう話だったんだよ!」と思わず熱く語ってしまったほどだ。

しかし、今はHPでいろんな情報は得られるからラクだね。パンフレットを買わなくてもいいからさ(苦笑)

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
”人が多いときには見に行きたくない。”

おぉー同じだ~(w
並ぶのが大キライなので(ぶはは!
どんなに評判になってる所でも行かないのだ。(ぎゃはは

注)当時のコメントを移しました
おぅんごぉる 2006/03/05(Sun)16:19:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
あらしのよるに
あらしのよるに 1「おはなしの国」で語られた「あらしのよるに」が、とても、おもしろくて… 語り手は男の方でしたが、さす...(続きを読む) 2007/04/09 20:06:55あらしのよるにある嵐のよる真っ暗な小屋の中で が やぎ(メイ)とおおかみ(かぶ)がばったり雨宿り。 狼は相手を狼だ...(続きを読む) 2007/04/09 15:05:15週末の視聴率 4月6日~8日。一桁台も時間の問題...
URL 2007/04/10(Tue)08:00:40
凍える日
天気→晴れ 以下は15日土曜に書いたものです! 天気→大雨 今日はあり得なーいっ、雨降りすぎっ(>o_
URL 2006/03/17(Fri)10:20:02
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *