忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(851) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(91) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(5) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(97) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(13) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(11) * 近隣トラブル(19) * 母(75) * 家計簿(7)
  カレンダー
06 2017/07 08
1
3 5 7 8
9 10 11 12 15
16 19 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  最近の記事
(07/22)
(07/22)
(07/21)
(07/18)
(07/17)
(07/14)
(07/13)
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14]
2006/03/05 (Sun)
2005.12.26
そういえば、もう1ヶ月たったんだ・・・早いなあ・・・
あの野垂れ死に寸前だとはとても思えない。
フクはあの日のことを記憶してるのだろうか。

1)トイレ侵入
さて、12月13日に『父いはく「ネコは俺よりも早くトイレに入るわ」私「お父さん~!!あんた、トイレの戸をあけっぱなしにしとるやろ。戸が閉めてあったらネコは入らへん。扉の中に入るクセつけたらアカンで、分かってんの?!そもそもネコを家にあがらさないのは、あんたの病気のことを考えてるんやでな。まったくも~、ネコとあんたは世話かかるやっちゃ」』
てなことがあったのだが、その後この父のせいで、フクはトイレに入り込むクセがついてしまった(怒)

おかげで「台所→テラス→トイレ」の数歩が、かなりスリルがあるものとなってしまった。
というのも、その数歩の間にフクが、ダンボール箱から飛び出して、トイレの中へ滑り込むのだ。(めちゃ早い)
そんなわけで、もう今ではフクが入り込むのをあきらめて見ている。
それもこれも父のせいだ。
(まだ台所の戸の方は、入らせないようにしてるけど)

フクも別に寒いからトイレの扉の中に入るわけじゃない。
かまってほしいからなのだ。
だから、トイレの中に飛び込むや(便器の中ではない)トイレマットの上で「こて~ん」と寝転び足にじゃれついてくるのだ。
あのな・・・(^_^;)

これは私だけじゃなく、誰に対してもらしい。(母はさすがに追い出すらしいが)そんなわけで、人間がトイレから出ると、フクもまたついて出てくるのだ。(トイレの中の方が暖かいとは思うけどね)

2)エサやり
今でこそ、帰りが遅い時には家族に「エサをやっといて~」と頼むことができるが、最初は父はとんでもないことをしていた。
帰宅して、エサを無事にもらったらしいフクの周辺で、やたらネコのトイレ砂が散らかっていると思った時があった。

どうしたんだろう?こんなとこまで、砂を撒き散らしたのかな?
と思いつつ、父に聞いてみたら
「あ~アレな・・・実はネコのエサと砂を間違えてな」
「ええ~~~~っ」
ってことは、砂を手に取ってネコのエサ入れに入れたわけ?
そりゃ食わんわ。
っていうか、それでもなんで散らかってるのかよくわからんかったけど。
そんなもん、入れられても食えんよな・・・
しっかし、なんでわかんないんだろう?と思うんだけど。
袋に書いてあるのになあ・・・ま、そこが年寄りなんだよな(苦笑)

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *