忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(870) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(98) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(6) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(43) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
09 2017/10 11
5
8 11
15 16 17 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [250] [249] [247] [243]
2007/07/22 (Sun)
前にも書いたと思うが
フクのベッドはありあわせのものだ。
ダンボール箱に100円ショップで買ったプラスティック製の足つきトレイをいれて
そこにエアクッションなどをいれ、
さらに私たちの古着をしきつめてある。

ちなみにフクはいつのまにか
そのベッドの中にものを運んでいる。
例えば、しいてあった100円の布マット。
例えば、遊び道具の台座。
なぜかネジとか、いろいろ。
まるでカラスのようである。

それはさておき、ベッド用の古着にはことかかない。
穴が開いたり破れたりシミがとれなかったりデザインが古くなったり
いろんな理由で着れなくなった服があるものだから
たまにベッドの掃除もかねて古着を交換している。

で、そのベッドの予備に古着をテラスに置いてあるカラーBOXに押し込んであるのだが。
(古着のほか、ネコの世話道具も入っている)
フクはいつのまにかそこから古着をひっぱりだしてしまうので
ベッドに使用する前に毛だらけになってしまう。
何度片付けても、そこからひっぱりだして床に散乱している。

しかも、面白いのは決まって新しい服を入れた時に顕著だったりする。
やはり臭いが違うからだろうか。
自分の臭いをつけたいのかもしれない。

ひっぱりだしてどうするのか。
どうやってひっぱりだしているのか
いつも留守中の仕業なのでよくわからない。

そうしたらば、ある休みの日に
テラスでしばらく時間を過ごしていたら
フクが動き出してカラーBOXから服を出し始めたのだ。
てっきり口でくわえてひっぱりだすのかと思っていたら違っていた。
フクは前足から爪を出してヒョイヒョイと服をひっかけてひっぱり床に落としたのだ。
なんとも器用な・・・
でもって、落とした服の上でのんびりとくつろいでいた。

ちなみにその前はバケツの上がお気に入りだったんだけど。
バケツの中には炭が入っていて、その上に新聞紙がかぶせてあったんだけど
そこがこそっとネコが乗れるぐらいのスぺースだったんで
居心地がよかったのかもしれない。
今でもたまにそこで寝ている。

でもって、またまた服を片付けるのだが
また出してきて、
やっぱりおニューの古着を一番に引っ張り出してその上にいるのが
なんともおかしいv
なんか片付けるのも面倒になって
そのまま放置していることもあるのだけど
さすがに汚いのでたまにはまたカラーBOXに押し込むんだけどね。
フクも退屈だから、やるのかも。

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *