忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(866) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(98) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(6) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(43) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
09 2017/10 11
5
8 11
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[329] [328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319]
2008/11/03 (Mon)
今日、居間でPCをいじっていたら
部屋のどこかでヘンな音がした。

最初電話かと思ったが
(今には親機があるのだが、子機を使うとちょっと音がしてランプがついて、わかるのだ)
どうもそうでないらしい。

気のせいかとも思ったが、
やはり一瞬ヘンな音がして。
チッって感じ。

首をかしげつつよく見たら
なんでそんなところにあるのか知らないけれど
電話台の下に
ゴキブリホイホイがあって
そこに小さいネズミがかかっていたのである。

・・・見たくはなかったが。

私は故あってネズミが大嫌い。

しかも、動けなくてもぞもぞしている様子。

・・・・・・・・・・・・・・・

こういう状況のネズミとは一緒にいたくない。

いつもネズミがかかると、父に処分を頼むのだが
どうやって処分をしているのか想像したくない。

しかし・・・・
こちらのネズミによって被害があるのだから
やはりこれは弱肉強食で仕方がないだろう
罠にひっかかったほうがイカンのだ。

などと考えようとする。

とりあえず、私は居間にいたい。が、例のネズミがいるので落ち着かない。
すぐに父も動いてくれないので仕方なく
そのゴキブリホイホイを玄関から表に出すことにした。
とりあえず、の処置だ。

そうして30分か1時間ぐらいたったろうか
ようやく父が動き出したようで。

「おい、ネズミはどこだ」
「玄関だって」
「ないぞ」
「え、そんなはずないって。玄関あけて左に置いたってば」
「どこだ??」
「もう、わかんないの?!」

って、言いながら、玄関を開けた。
「だから~、ここの場所だよ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところが、そこにはホイホイの影も形もなかったのである。

「お母さんが持っていったのかな」
と思い、尋ねてみたが「知らない」という。

「え~、おかしいなあ~??
まさかノラネコが持っていったのかな??
くわえていったの?」
「でも、あれってベタベタするから取れないのに」
「それにホイホイの紙くずも落ちてないなんて」

ネコが持っていったならそれでもいいけれど
ネズミの最期を見なくていいけれど

一方、ホイホイがとれずに転がってたり
ヒゲやアゴにホイホイがひっついてるネコも想像したくない。
一応周りも見渡してみたが、それらしきネコもいなかった。

はて、いったいどこへ行ってしまったんだろう??


拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *