忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(866) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(98) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(6) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(43) * 母(78) * 家計簿(7)
  カレンダー
09 2017/10 11
5
8 11
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[1027] [1026] [1025] [1024] [1023] [1022] [1021] [1020] [1019] [1018] [1017]
2013/09/06 (Fri)

昨日の低気圧の荒天が嘘のように(まるで台風一過のように)
朝から秋晴れだ。
(といっても、日中や夕方も西日が強くて暑かったけど)

昨日、締めた雨戸は乾いてからしまおう。
しかし、また仏間の網戸が動かなくなったなあ。
また、じっくり見てみないといけないな。
(昨年も蜂のせいで動かなくなった)

さて、今日はどうしようか。
田はぬかるんで無理だし、水もたっぷりあるから水やりもいらないし・・・
廃材を切るにしても、乾いていないし・・・

(おはぎの夢を見たが、そういえばそんな時期なんだな)

昨夜はいろいろ考えてしまって寝つきが悪かったけど

そうだ、そういえば、JAの金利が低いやつを他に預け替えしたかったんだ。

そう思ってJAに行こうと思った。
遠方になったので、もう徒歩ではあまりいけないから、車で行くのだが
そしたらついでに母の用事もすませたい。

すなわち、カードを作ること。

もちろん母の用事もあるから無理はいわずに
「JAに行くけど、カード作るなら一緒においで」というと
「作らなあかんなあ」と言って行くことにしたらしい。
しかし、驚いたのは自分で暗証番号を考えたことだ。
また忘れるかもしれないが、人任せをせずに自分で考えようとしていることに
まだまだしっかりしてると、少しホッとした。
まあ、私もわかる番号にしたので、代わりに操作できるのだけど。
どうだろう?ATMの扱いを自分でできるかな。
でも、年寄りは番号を口で言いながらボタンを押すものなあ(苦笑)←まるわかり
あと、カードと一緒に番号のメモをはさんでいるとか。
「それだけはやめて」と母には言っておいた。
まあ、カードができてからの話だけども。
 
  それはともかく、しょっぱなから母がまた忘れ物した。
というか、これは私が言わなかったから悪かったんだけど。
印鑑と通帳だけで、証明書を持ってこなかったんだよね。
私は自分がいつも証明書を、持っているからわざわざ言うことじゃないと思うんだけど
母はかばんをいくつか使い分けていて、言わないと持ってこないものだから
また忘れてきてしまった。(実は2回目)
なので、仕方なく、母が記入している間に私が家に取りに帰った。

ちなみに、他の地区の人とも顔を合わせる機会が多くなるな。
母がコンビニでもあるといいのにとボヤいていた。
周りに何もないからなあ。(あるのは小学校と神社と市民センターだけ)
バスで行けないこともないらしいが、2時間に1本ではな・・・

ところで、母は自分が物忘れが多くなって心配したのか
父が亡くなって余計に思ったのか
自分の遺産(といってもそれほどない)のことでいろいろ言うようになった。
正直、うちもややこしい関係の人間がいるので考えると気が億劫になるが
そうはいっても「遺言でも書けば?」と母に言っても、金がかかるし面倒くさいらしい。
それはともかく、気にしているくせに
「自分がいくら持っているかもわからん」というのでは話にならない。
普通なら通帳を見て数えればわかることだが、高齢となるとそれも面倒らしい。
なので、「一度全部表にしてあげるから、それから自分がどうしたいか考えたらどう?」
と提案し、母の預貯金を一覧にしてみたのだが。
(まあ、たいしたことのない金額だ)
1つ気になったのが、母が出してきた貯金の中で、私が覚えている1枚の証書がない。
それは昨年、父の相続により
父の貯金で金利の関係で払い戻しせずに、母の名前に名義書き換えをした1枚。
だから私が忘れるはずがない。
それを母は出してこなかったので、母に「あの貯金が足らないよ」というと「ええ?」
挙句の果てに「お前に任せてあるからなあ」という始末
(勝手がいいと任せてあるというんだからなあ)
私は1つも預かってないよ~(前回のことで普通預金だけは預かるようになったけど)
こんな調子なので、それと一緒にまだ他にあるかもしれない。
それとも金融機関に残高照会したほうがいいのかな。
そんなわけで、母がしばらくまたタンスとか探していたが見つからなかったようだ。

あ~あ・・・
また、探し物か・・・(げっそり)
最悪、再発行すればいいことだけどさあ・・・
前もずいぶん探したのに見つからなくて、結局自分でだしてきたんだから
まあ、自分で保管しているのだから当然だと思うけど
また母が思いつくんじゃないかなあとボチボチ探すことにした。



 
 

拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *