忍者ブログ
野良子猫フクを保護し、数年ぶりに猫を飼い始めた私の、その後フクと過ごした生活と思い出、そして新しいネコとの出会い
カテゴリー
* ネコ・フクと私(114) * ペットロス・フクの場合(90) * 他愛ない生活の話(879) * 生活&夢の話(134) * 健康・病気・病院・心(98) * 映画・漫画・本・ゲーム(15) * 生活&仕事(39) * お知らせ(7) * 平和(2) * 新聞・TV・ニュース(11) * 買い物(27) * 小話(0) * ねずみ(8) * 思い出(6) * レイキ(20) * 父(98) * 食品添加物の覚え(7) * 仏事慶事メモ(15) * 農作業メモ(29) * その他のネコと私(13) * 近隣トラブル(47) * 母(80) * 家計簿(7)
  カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  ブログ内検索
  最近のコメント
(12/06)
(12/06)
(10/19)
(10/19)
(09/09)
  プロフィール
HN:
あやか
性別:
非公開
自己紹介:
ま~読んでいただければ、おいおい分かるかと。
[990] [989] [988] [987] [986] [985] [984] [983] [982] [981] [980]
2013/08/07 (Wed)
今日は朝から墓掃除
老人会ではなく、地区全体
といっても、宗派によって違うので
グループごとになるらしいが
それに参加するのは、私ははじめてだ
(違う日に、自分のお墓周りだけしたことあるけど)
これは8月7日と決まっているらしい
(隣町は15日だとか)

初めてなので、母と一緒に行く
どうも、決まった時間に集合というわけではないらしい
大体、朝早い時間らしいが
ゴミを出した後、今日も猛暑だというので
車を停めるところもあまりないので、7時半に行ったら、
自転車で来た人が、うちの墓あたりに2人先に草をとっていれ
私が墓の周囲を水を流して掃除していたら2人やってきて
その後誰も来なかった。
本当はもっと多いらしいが、今日は特別少なかったらしい

そんなわけで、6人ばかりで山の道の草をとる
母たちは慣れているので、しゃべりながら草を刈っているが
私は慣れないせいか汗はどんどん流れるし、腰は痛いし
時折、他の人の分も草を集めて捨ててくる役をしていた

2時間半ぐらいか
結局集まる時間はともかく、ある程度草がきれいに刈ってないと
帰れないのだね
だとすると、人数によって変わるってことか
当たり前だけど、昔はもっと多かったってさ
そりゃ今は共働きも多いし、なかなか休みとることもしないだろうなあ
別の日には来ているかもしれないけど
自分ちの墓の周囲だけで、公共の道の草は放置

ある人が、うちの父は生前、前日も草を刈ってくれていたと言われた


今日も、母の通帳は見つからず
どこにあるんだろう?
 今日も頭痛が治らず

午後の暑い日中、1時から電気工事?で停電あり
事前に通知のハガキが届いて壁に張り付けてあったのに
母は気づかず、急に見ていたTVが消えて驚いていた。
扇風機も使えず、暑いけど仕方なく
風を頼りに昼寝をする母
(私は暑くて眠れず)
そんな時、工事に新人の人が携わっているのか
電柱から叱咤というか指導する声が。
(丸聞こえなんだけど・・・ちょっと怖かったよ)
暑い中、ご苦労さん。
でも、1時間ほどの停電で助かった。

一方で、「初盆見舞」の日なので
母が持っていった。(1軒は他に言づけたらしい)

それと、おかしなことだが、
いつも田へ行く途中、母と立ち話をしていた隣地区のおばさんが
話の中で、父が亡くなったことを知らなかったはずはないのに
今頃、父の初盆見舞をもってきた。(1年遅れ)
母が
「そんなの、もうもってこなくても・・・」と遠慮したら
おばさんは「なに、また私が死んだら持ってきてもえらえばいいから」
だって。
お返しに、母が自分で作った小玉すいかを2個と
父の死は1年前のことだが会葬御礼が余っていたので、私が持ってきて渡した。


拍手

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *